ΔΔΣ(デルデルマ) シグマティス》

ΔΔΣ シグマティス SR 自然文明 (6)
オレガ・オーラ:グランセクト/デリートロン +6000
これをクリーチャーに付けた時、そのターン、そのクリーチャーはタップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これを付けたクリーチャーが破壊された時、そのクリーチャーに付いていたオーラをすべて、自分のマナゾーンに置く。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMEX-05で登場した自然グランセクト/デリートロン

このオーラを付けたクリーチャーに擬似マッハファイターパワード・ブレイカー、そしてオーラすべてをマナ送りできるpigを与える。
マッハファイターの付与が擬似的なのは、通常のマッハファイターだと召喚してからターンが経過したクリーチャーにつけた場合に効果を発揮しなくなるためである。

また、破壊された時にこれを含めたオーラが複数枚積んでいれば大量のマナブーストに繋げられるが、このカードを出す段階でマナが十分に溜まっていることが多いことや、破壊されにくい程のパワーが加算されている筈なので大した利点では無いだろう。

後に《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》アタックトリガー《ΚΔΖ ガッパゼオ》のバトル勝利時効果を、疑似マッハファイターでサポートできる点によって再評価された。《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》や《ΙΧΙ ヤマイオン》で他のオーラと共に踏み倒せるのも優秀。マナに送られる効果も《ΙΧΙ ヤマイオン》で再利用しやすくなった、と考えられるか。
発売当初より独自の利点が見つかってきたと言えるだろう。

  • このオーラの登場により大規模な裁定の変更が行われた。
    詳しい項はアンタップキラーを参照。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ΔΔΣ シグマティス》の最初の能力はマッハファイターですか?
A.いいえ、これを付けたクリーチャーにそのターン中タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できるようにする能力ですので、このターンに出たクリーチャーでもすでにバトルゾーンにいたクリーチャーでも関係なく、攻撃を可能にします。
引用元