阿修羅(あしゅら)サソリムカデ》

阿修羅サソリムカデ SR 闇文明 (8)
クリーチャー:マフィ・ギャング 11000
ブロッカー
W・ブレイカー
スレイヤー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その後、マフィ・ギャングを2体まで、自分の墓地からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、自分のクリーチャーを2体破壊する。

DMRP-04裁で登場したマフィ・ギャング

cip墓地肥やしマフィ・ギャング2体のリアニメイトをこなすスレイヤーブロッカー。ただし、リアニメイトしたか否かにかかわらず、そのターンの終わりには味方クリーチャー2体を破壊しなければならない。

非常に自己完結した効果ではあるが、リアニメイトを行わなかった場合、味方を犠牲にするだけとなる。ただ、その前に墓地肥やしが行われているため最低でも1体はバトルゾーンに出せる。逆に1体もリアニメイト出来なければデッキの構築が悪すぎる為だろう。
その特性から《阿修羅ムカデ》との相性は言うまでもなく、破壊効果を置換できるためデメリットを帳消しにする。
それだけでなくスレイヤーかつブロッカーを持つことから最低でもパワーの高いクリーチャーを道連れにできる。

注目するべき点は2点。
一つは、リアニメイト先はマフィ・ギャングであれば何でもいいという事。つまり、墓地に2体目以降の《阿修羅サソリムカデ》があれば、それらを続けて踏み倒すという事も可能である。これ自身がささやかながらも墓地肥やしができるので、不可能な挙動ではない。
また、もう一つはターンの終わりに破壊しなければならないのはリアニメイトしたマフィ・ギャングでなくてもよいという事である。cipを使い終わった小型クリーチャーなどが横にあれば、それを身代わりにして踏み倒したクリーチャーを維持する事ができる。

  • 一度に2体も一気にリアニメイトというのはやはり脅威。特に、《グスタフ・アルブサール》を2体蘇らせられるというのは強力であり、2体をグルグルと回すループコンボの起点をこれ1枚で担うことが可能。
  • 言うまでもなく同弾収録の《煌龍 サッヴァーク》はこのカードの天敵。cipでこのカードや破壊元のカードが送られれば効果の発動が不可能に、生き残っても表側のシールドを身代わりに生き残りドラゴン・W・ブレイカーで表側のカードが増えドンドン不利になる。背景ストーリーやメディア作の活躍を見てもありとあらゆる場面でサッヴァークに敗北している。
  • 背景ストーリーでは何らかの理由があって封印されていたクリーチャー何者かによってその封印を解かれた直後、未来ある女の子身体を蝕ばむ悪事を働いたが、真の力を現した《サッヴァークDG》によって消滅させられた
    • アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」では人間界の側からこの出来事が描かれている。最初は炊飯器のような入れ物に封印されており、解かれた後はゲジスキーという名で呼ばれていた。背景ストーリー同様うららかもものを毒で蝕み、ジョーを苦しめる存在として怒るキラとデュエル。当初は自分自身のカードと《阿修羅ムカデ》のコンボでキラを苦しめる。しかしサッヴァークの覚醒で状況が一変、阿修羅サソリムカデをシールド送りにされ破壊耐性、ドラゴン・W・ブレイカーの効果に翻弄されダイレクトアタックで哀れな最期を迎えた。その後彼の残骸らしきムカデがボルツと入れ違いで闇文明の世界に戻る姿が確認された。後にアニメ「デュエル・マスターズ!」3話にて再登場。ゼーロの前に現れ、彼に忠誠を誓うと言っている姿が見られたのだが…?

関連カード

収録セット

参考