阿修羅(アシュラ)ンチュラ/傀儡が来る!(ダンス・オブ・パペッツ)

阿修羅ンチュラ SR 闇文明 (7)
クリーチャー:マフィ・ギャング 9000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい。)
傀儡が来る! SR 闇文明 (8)
呪文
クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

DMRP-08で登場したマフィ・ギャングツインパクト

クリーチャー面はコスト7で2打点の9000ブロッカーであり、cipで4枚の墓地肥やしを行う。さらにスマッシュ・バーストで呪文面を唱えることができる。

呪文面はプレミアム殿堂《インフェルノ・ゲート》を彷彿とさせるリアニメイト呪文
あちらよりコストが3高いが、進化クリーチャーも対象になるなど蘇生の範囲はさらに広がっている。使用感としては有色化した《無情秘伝 LOVE×HATE》と思っても構わない。

リアニメイト対象の確保も呪文の詠唱もクリーチャー側で確保できるため、基本的にはクリーチャー側の使用を狙うことになるだろう。
コスト7なのでコスト踏み倒し元となれるカードは多く、特に《煉獄と魔弾の印》スピードアタッカー化によってスマッシュ・バーストをタイムラグなしに発動できるため強力。

登場時に4枚もの墓地肥やしをすることから上述の《煉獄と魔弾の印》の他、《インフェルノ・サイン》《法と契約の秤》といった各種リアニメイトとは基本的に相性が良い。

《天罪堕将 アルカクラウン》《グスタフ・アルブサール》など、高コストコスト踏み倒しを持つカードと組み合わせれば、お互いをコスト踏み倒しできる。何らかの手段でこのクリーチャースピードアタッカー化できれば一気に両者を複数体並べる事もできる。
特に《天罪堕将 アルカクラウン》《轟改速X ワイルド・マックス》のようなスピードアタッカー化手段も引っ張ってこれる他、cip1回ごとに最大5体のクリーチャーが並ぶため、はまればプレミアム殿堂カード《エンペラー・キリコ》よろしくソリティアのように動くことも不可能ではない。

同様に、呪文面に無条件のリアニメイトを持つ《ビシャモンス・デーケン/「深淵より来たれ、魂よ」》と比較しても、あちらと異なるのは蘇生させる数ぐらい。しかし、噛み合わせは悪くなく、あちらのクリーチャー面による自爆と破壊を、このクリーチャーで使い回したり、呪文面でこのクリーチャーごと一気に蘇生させて、再びこのカードを使い回すなど、単純かつ強烈なシナジーを発揮させることとなる。

  • 元ネタはタランチュラ。

関連カード

収録セット

フレーバーテキスト

  • DMRP-08
    この糸にかかれば、誰もが我が傀儡、くっくっく。

参考


Last-modified: 2018-12-06 (木) 02:10:12