阿修羅(アシュラ)ンチュラ/傀儡が来る!(ダンス・オブ・パペッツ)

阿修羅ンチュラ SR 闇文明 (7)
クリーチャー:マフィ・ギャング 9000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい。)
傀儡が来る! SR 闇文明 (8)
呪文
クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

DMRP-08で登場したマフィ・ギャングツインパクト

クリーチャー面はコスト7で2打点の9000ブロッカーであり、cipで4枚の墓地肥やしを行う。さらにスマッシュ・バーストで呪文面を唱えることができる。

呪文面はクリーチャー1体のリアニメイトクリーチャーでありせすれば他の条件は問わずに復活させられる。

リアニメイト対象の確保も呪文の詠唱もクリーチャー側で確保できるため、基本的にはクリーチャー側の使用を狙うことになるだろう。

《インフェルノ・サイン》《法と契約の秤》《煉獄と魔弾の印》とは相性がとてもいい。あちらの能力で《阿修羅ンチュラ》をリアニメイトすることができ、逆に《阿修羅ンチュラ》の墓地肥やし能力であちらのリアニメイト能力のサポートができるなど、どちらを先に使っても無駄がない。
特に、スピードアタッカー付与する《煉獄と魔弾の印》との組み合わせは格別で、《煉獄と魔弾の印》で《阿修羅ンチュラ》をリアニメイトすれば即座にスマッシュ・バーストを発動することができる。そうなれば、たった6コストでフィニッシャーを踏み倒して、ゲームエンドに持ち込める。

《天罪堕将 アルカクラウン》《グスタフ・アルブサール》など、高コストコスト踏み倒しを持つカードと組み合わせれば、お互いをコスト踏み倒しできる。何らかの手段でこのクリーチャースピードアタッカー化できれば一気に両者を複数体並べる事もできる。特に《天罪堕将 アルカクラウン》《轟改速X ワイルド・マックス》のようなスピードアタッカー化手段も引っ張ってこれる他、cip1回ごとに最大5体のクリーチャーが並ぶため、はまればプレミアム殿堂カード《エンペラー・キリコ》よろしくソリティアのように動くことも不可能ではない。

  • 元ネタはタランチュラ。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-08
    この糸にかかれば、誰もが我が傀儡、くっくっく。

収録セット

参考