暗黒凰(あんこくおう)ゼロ・フェニックス》

暗黒凰ゼロ・フェニックス SR 闇/火文明 (7)
進化クリーチャー:フェニックス 11000
進化V−自分の闇のクリーチャー1体と火のクリーチャー1体を重ねた上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに墓地に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自分自身の手札を2枚選んで捨てる。その後、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

DM-27で登場した/進化Vフェニックス

その姿は《暗黒王デス・フェニックス》を髣髴とさせ、そちらに由来するブレイク時のシールド焼却能力とバトルゾーンを離れた時の2つの能力を持つ。

進化クリーチャーなので召喚酔いのタイムラグがなく、シールド焼却能力を最大限に活かすことができる。

また破壊バウンスなどの除去によってバトルゾーンを離れた時、手札マナゾーンのカードを2枚ずつ墓地送りにできる。本家と同じく、一度バトルゾーンに出すことができればかなりのアドバンテージを奪えるだろう。
ランデスもできるので、相手の状況によって腐ることがほぼ無い点も評価できる。

進化元クリーチャー1体ずつと、《暗黒王デス・フェニックス》と比較して格段に召喚しやすくなっているのも利点。《解体人形ジェニー》《腐敗無頼トリプルマウス》《カモン・ピッピー》など、一仕事終わったcipクリーチャーを進化元にできるのはかなりの強み。

総じてフィニッシャーとして非常に強力であり、【除去コントロール】【クリーチャーコントロール】には合う。また、進化クリーチャーであることからビートダウン性の高いデッキでも活躍が望める。

専用デッキに関しては「【ゼロ・フェニックス】」を参照のこと。

  • 種族フェニックスだが、カードイラストを見る限り人型である。進化GVのフェニックス達もそうだが、DMの世界のフェニックスは「鳥とは限らない神聖な生物」として捉えるのが好ましいようだ。

関連カード

背景ストーリーのラスボス

収録セット

参考