闇鎧亜(やみがいあ)ジャック・アルカディアス》

闇鎧亜ジャック・アルカディアス P 闇/火文明 (4)
クリーチャー:スピリット・クォーツ/ロスト・クルセイダー 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
S・トリガー
スレイヤー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のコスト4以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DMBD-01で登場した/スピリット・クォーツ/ロスト・クルセイダー

S・トリガースレイヤーを持ち、cip能力により、バトルゾーンにある相手のコスト4以下のカードを1枚墓地に置く。

4コストというのは躊躇なく手打ちを狙えるサイズで、3、4ターン目には何も考えず汎用性の高いカード指定除去を放てる(カード指定除去で狙っていきたい非クリーチャーカードで、強力なものはコスト5を超えているものが多いのが辛いところだが)。相手の行動の起点となるクリーチャーをどかしつつ、おまけにスレイヤーで後続のアタッカーに睨みを利かせられる。

色々コンパクトに纏まっているのだが、やはり地味。堅実で【速攻】対策にもなるのだが、後述の都合により、種族が非常に貧弱なのも悲しいところ。《時の法皇 ミラダンテXII》ファイナル革命でも止まってしまう。

このように何とも言えない評価止まりな1枚だったが、新章デュエル・マスターズ環境では【緑単ループ】【白緑メタリカ】《ベイB ジャック》をメタるカードとして注目。それから、その意外な使いやすさから【赤黒ドギラゴン剣】【青黒赤ドギラゴン剣】でぽつぽつ採用されていく事に。

《ジャック》だけでなく《異端流し オニカマス》をメタるなら《メガ・マグマ・ドラゴン》《温泉 湯あたり地獄》の方がカードパワーは高かったりするので、そこは好みで使い分けよう。3コストより上のクリーチャーも狙えるのは《湯あたり地獄》にない長所である。

多色や単色の違いや、S・トリガーの有無、cipを使い切っても後続アタッカーとして使えるなど、意外とユーティリティが広い。特に《Mの悪魔龍 リンネビーナス》リアニメイトできるのは地味ながら強力で、《ドギラゴン剣》に続く連鎖を邪魔するメタクリーチャーを破壊できる。

【5色ドギラゴン剣】では相手の《禁断〜封印されしX〜》が残り1枚という状況でこれと《オリオティス・ジャッジ》を使えば、相手に望まぬ禁断解放をさせた上で《伝説の禁断 ドキンダムX》の特殊敗北条件を突くことができる。

双極篇環境ではパワー1000であっても【赤白“轟轟轟”ブランド】に入るウィニーを殴り返すのには十分なため、クリーチャーが付いている点に対する評価が比較的高くなった。


ルール


その他

  • 上述の通り当初の評価は低かったが、登場時点でもカードタイプ違いの下位種である《トーチング・パニッシュ》と比べるとコストパフォーマンスは優良であった。スレイヤーS・トリガーが1コスト(パワー1000)分の査定であり、《トーチング・パニッシュ》が3コスト(パワー3000)分であると考えると、このクリーチャーが4コスト2色(5コスト単色と同じ基準パワーになる)コスト論的にはパワー1000のクリーチャーが付いている分だけオーバーしていることになる。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMBD-01
    王の凶刃は王子にも襲いかかり、王と王子は相討ちに。愛する息子の死を前にして王妃はついに正気を取り戻す。 

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 13:07:13