闇侯爵(やみこうしゃく)ハウクス》

闇侯爵ハウクス R 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード 5000
このクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれたとき、各プレイヤーは自分自身の手札をすべて、それぞれの墓地に置く。

DM-06で登場したダークロード

pigの上位能力で、すべてのプレイヤー《ロスト・ソウル》を強要する。プレイヤーの腕が試されるカードである。

マッドネスコンセプトとしたデッキに組み込む等、使い方によってはかなりのアドバンテージが取れる。
だがタイミングが計りづらく、単にオールハンデスをしたいだけなら《ロスト・ソウル》で充分な場合が多く使いやすいわけではないのでデッキに入ることは少なかった。

しかし特に再録がなく「破壊された時」ではなく「バトルゾーンから墓地に置かれた時」という旧pigのテキストのままであることから、2017年11月14日に「どこからでも墓地に置かれた時」の《一なる部隊 イワシン》に関して「進化クリーチャー墓地に置かれる時、その下に《イワシン》があれば《イワシン》の効果が使用できる」という事務局正式回答が出ると立場が一変。進化元が墓地送りになる場合はクリーチャーとして墓地に置かれるわけではないが、その理屈からするとただ単に「バトルゾーンから自分の墓地に置かれたとき」とある《ハウクス》については、進化元封印として墓地に落ちた場合も能力を使用できるという解釈ができるようになり、同様の事務局暫定回答(2017年11月18日)も出るに至った。

そうしたことから徐々にポツポツと【レッドゾーン】でも使用されるようになり、これを採用するタイプのレッドゾーンの中には自身の手札回復としてやや落ち目だった《超音速 ターボ3》を重視するタイプも見られるようになった。

2018年2月22日にはその墓地送りトリガー能力について、正式回答として改めて同様の裁定が下っている。

フレーバーテキスト

  • DM-06
    の国との密約を思い浮かべ、邪悪に微笑む。
  • プロモ(P1/Y2)
    闘いの波動を感じろ。目も眩むを見つめろ。の闘魂が今立ち上がる!!

収録セット

参考