異端流(いたんなが)し オニカマス》

異端流し オニカマス UC 水文明 (2)
クリーチャー:ムートピア 2000
相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

DMRP-01で登場したムートピア
アンタッチャブルを持ち、相手ターン中に召喚以外で出た相手クリーチャーバウンスできる。

軽量ながら強烈なコスト踏み倒しメタを持つクリーチャーであり、召喚以外で出たクリーチャーcipこそ使えるものの、その後バトルゾーンから追い出される。
このため、サイキック・クリーチャー侵略革命チェンジリアニメイトリクルートなどで攻める戦略がほとんど通用しなくなる。
またこの能力は「選んでない」のでコスト踏み倒しアンタッチャブル《レッド・ABYTHEN・カイザー》のような選べるがリスクが大きいクリーチャーも能力が発動させず難なくバウンスできる。

《制御の翼 オリオティス》と同等コストで序盤に確実に着地できる踏み倒しメタクリーチャーでありながらも、終盤になると効果が薄れるという事もない。【レッドゾーン】【成長バスター】など、現環境上の【速攻】デッキの大半が踏み倒しギミックを利用しているが、それらに確実に間に合わせる事ができる。

さらにパワー2000とバニラ並みにある一方、なんとアンタッチャブルまで付いている。歴代のコスト踏み倒しメタシステムクリーチャーの中でも類を見ないこのスペックは、よくあるシステムクリーチャーのジレンマを完全に克服している。除去しようにもマナが足りない序盤では手出しできないケースが多い。

相手に使われた場合、有効な除去手段として以下の様なものが挙げられる。

しかし、相手に選ばせる除去は他にクリーチャーがあればそちらを選ばれてしまうことが多い。また、全体除去コストの高いカードが多く、さらにパワー2000なので《ローズ・キャッスル》1枚では破壊できない。
デッキタイプによっては対抗手段を有さない事が多く、この1枚で完全に詰む事も在り得る。

一応、コスト踏み倒しで出したクリーチャーcipは使えるので、そちらのcip破壊を狙うこともできる。ただしやはりアンタッチャブルという点が引っかかるので、《S級不死 デッドゾーン》などの単体除去ではこのクリーチャー破壊することはできず、そのまま押し流されてしまう。

先述の通りウィニーとして十分なパワーもあるので、最悪選ばれないアタッカーとして【速攻】を仕掛ける事も可能。例えば【モルト NEXT】に採用される受け札は精々《熱血龍 バトクロス・バトル》《ボルシャック・ドギラゴン》位のものだが、それらも易々と通り抜ける。

無論、《テック団の波壊Go!》《ハムカツ団の爆砕Go!》などの全体除去を放つS・トリガーには弱い。それでも、そのようなカードは採用されているデッキは現時点では少ない。

バウンスは任意のため、コスト踏み倒ししたクリーチャーcip能力次第ではバウンスさせないほうが良いこともあるので、強力なcip持ちを使えば見逃してくれる可能性は高い。
また、《D2M2 ドグライーター》のような除去すると厄介なクリーチャーも良い。
もっといえば、そういうカードがこのクリーチャーの対策になるとも言える。

総じてコスト踏み倒しメタカードとして強力無比な1枚であり、今後踏み倒しを活用するデッキはほぼ確実にこのカードの存在を意識したデッキ構築が求められるだろう。


環境において

効果が判明するなり、いっそ清々しい程に侵略革命チェンジなど全シリーズで登場した踏み倒しギミックをメタる要素が注目された。超高速化した環境を減速させる一因となるかと騒がれたが、むしろ《ドギラゴン剣》デッキや《レッドゾーン》デッキに多く採用される形となっている。
特に赤青系統での活躍が目覚ましく、【赤青ブランド】【赤青ドギラゴン剣】などの強力な環境デッキの確立に一役買った。

また、【青黒ハンデス超次元】を再び環境デッキに押し上げた張本人でもある。それまで【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】と比べて【速攻】対策など防御力に劣る部分があったが、を必要としない踏み倒しメタであるこのカードのおかげで侵略革命チェンジにも随分と強くなった。
このカードの登場以降、このカードによって相手の行動を大きく縛れるので無造作にビートダウンしても勝てるケースが格段と増え、マナが貯まり次第《S級不死 デッドゾーン》によるビートダウンで早期に決着をつけるプレイング【青黒ハンデス超次元】において一般的になった。
言い換えるとハンデスによるロックがあまりデッキにおいて重要視されなくなったということであり、勝負をつけるまでの間に撃ったハンデス《ブレイン・タッチ》1発だけであったというケースもざらである。

マナを支払えるデッキであればどんなデッキにでも入る強力さを持っていたが、双極篇になると【ジョーカーズ】【デ・スザーク】のようにこのカードを処理できたりこのカードの能力が効かない早出し手段を持っていたりするデッキがトップメタになっていたため何が何でも採用されるカードという立ち位置ではなくなった。マッハファイターの普及、このカードよるバウンスを相手が逆にcipによるアドバンテージ獲得に利用する風潮などが、採用率を下げた要因と言える。


  • 《奇天烈 シャッフ》によるクリーチャーへの攻撃制限・ブロック制限は、宣言したコストのクリーチャー1体1体を選んでいるのではなく、宣言したコストのクリーチャーすべてへの効果であるため、このクリーチャーのアンタッチャブルを活かしたダイレクトアタックという戦略は阻害されてしまう。
    • 元々このカードの存在自体が、このカードの影響を受けにくいウィニー主体のデッキ環境に呼び込む性質があり、引いてはこのカード同士のミラーマッチを呼び込む性質を持つ。その状況では《奇天烈 シャッフ》が十分間に合う上に、ウィニーで固めるということは宣言すべき範囲が狭まるということなので、《奇天烈 シャッフ》による攻撃制限がこのカードおよび、このカードが呼び込むウィニーに対する解答になる。
  • 後に登場したマッハファイターは、これのメタ的な意味もこめて作られたこともあり、《オニカマス》がいかに厄介であるかを示していると言える。
  • 総じてさえ合えば適当に4枚積みしていても活躍するほどの凄まじい汎用性カードパワーを持った強力なクリーチャーであり、シングルカードの相場もアンコモンとしては衝撃の価格で取引されている。どちらかといえば不人気弾であり早々に値下げされたDMRP-01の収録カードであり、登場から5ヶ月程度経過した2017年8月時点ではパックの入手が比較的容易であるにもかかわらず、美品であれば1000円近くでシングルカードが扱われていると言えばその高騰ぶりが分かるだろう。
  • ちなみに「オニカマス」は実在する魚。その名の通りカマスの仲間で、海外では「バラクーダ」の名で知られる。性格は凶暴で、生息地によっては体内に毒を持つとも言われている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-01
    我が異端流しの魔術は、不正を審問する魔術。...そう、貴様のようなやつを追い返すための術であるよ。 ---異端流し オニカマス
  • プロモ(P39/Y17)
    新たな世界を切り開け!!

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 23:11:19