(いち)なる部隊(ぶたい) イワシン》

一なる部隊 イワシン UC 水文明 (2)
クリーチャー:ムートピア 1000
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれた時、カードを1枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる。

DMRP-03で登場したムートピア
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれた時に手札交換を行う能力を持つ。

墓地にさえ置かれれば、それだけで手札調整と墓地肥やしを行うことができる。直接のアドバンテージは得られないが、マナコストを考えずにできる行動としては十分に強力。

《エマージェンシー・タイフーン》など、任意のカード墓地に落とせるカードが入ったデッキでは、特定のカードを落とすのと、このカードを落としてその能力で元々のカードを落とすのとでは山札を掘り進む速度が変わる。つまりデッキに入れておくだけで山札圧縮になるのである。

また【墓地ソース】でも、《白骨の守護者ホネンビー》などでこのカード墓地に落ちると、その枚数だけさらに墓地が増えるため、《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》など墓地の枚数を参照する能力の条件を満たしやすくなる。
たとえ山札から落とされようが、追加の墓地肥やし手札から選べるので、【デ・スザーク】など大量の墓地肥やしと特定のカード墓地に落とすことを両立したいデッキでも有意義。

バトルゾーンに出した際のスペックは、パワー1000のpig持ちと相当貧弱で戦闘向けではないものの、コストが2と軽いため、万が一の状況でもウィニーとして頭数に入れやすい。

このカードのおかげで3ターン目に《百万超邪 クロスファイア》G・ゼロで出すことが比較的簡単になり、登場以降このこともあって墓地ソースが復権した。
それ以前まで墓地ソースでは《百万超邪 クロスファイア》を早出しする場合、《戦略のD・H アツト》《【問2】ノロン↑》をバトルゾーンに出す分手札が減り、折角《百万超邪 クロスファイア》を早出ししても手札がカツカツになって後が続かないことがざらであった。ところが、このカードが登場してからは《プラチナ・ワルスラS》を挟む余裕が生まれ、4ターン目に《百万超邪 クロスファイア》を出すことを目標にするなら《プラチナ・ワルスラS》で十分な手札を確保・維持することも同時にできるようになった。

  • 登場以降、【墓地ソース】の躍進への起爆剤となったことからイワ「神」などと称えられることがある。
    • 実際、【墓地ソース】の環境復帰のと共にシングル価格も高騰。アンコモンのカードとしては中々の値段となっている。流石に《異端流し オニカマス》程では無いが。
    • ただ、墓地に落ちればノーコストで能力を使えるこのカードと《爆撃男》に7枚から8枚の枠を使うようになったことで【墓地ソース】は枠の都合上防御性能が下がり、有効な防御札はせいぜい4枚《終末の時計 ザ・クロック》程度しか積めなくなった。言ってしまえば自分より速く殴りきるデッキには不利が付くようになった。
  • モデルは魚のイワシ。イワシは自らの群れを巨大な一匹の魚に見せることで外敵を欺く習性があるとされている。イラストやフレーバーテキスト、「一なる部隊」という冠詞もその習性からとったのだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-03
    禁止されている柱への侵入を、他ならぬシャークウガ様がしているのを見たって? あの方自身が決めたことだぞ!? そんなこと「俺達は」信じられないな。 ---一なる部隊 イワシン

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-03 (土) 21:50:12