永遠(とわ)のプリンプリン》

永遠のプリンプリン R 自然文明 (4)
クリーチャー:エイリアン/ハンター 4000
バトルゾーン、マナゾーン、墓地にある自分のエイリアンはすべて、種族にハンターを追加する。
バトルゾーン、マナゾーン、墓地にある自分のハンターはすべて、種族にエイリアンを追加する。
このクリーチャーがバトルに負けて破壊される時、墓地に置くかわりにバトルゾーンにとどまる。

DMR-03で登場した自然エイリアン/ハンター
バトルゾーンマナゾーン墓地にある自分のエイリアンハンター種族共有する能力バトルに負けても墓地に置かれない置換効果を持つ。

メインの能力バトルゾーンマナゾーン墓地に存在するハンターエイリアンエイリアンハンターをそれぞれ追加するというもの。
バトルゾーンだけでなくマナゾーン墓地にも干渉するため、《若頭 鬼流院 刃》《凶星王ザビ・ヒドラ》などの能力の効果範囲を広げることが出来る。
エイリアンハンターのサポートを、ハンターエイリアンのサポートを受けられるため、デッキ構築次第ではかなりの強力カードと化す。

そしてもう1つ、バトル敗北時の破壊置換効果を持つ。
流石に除去《恐気の覚醒者ランブル・レクター》スレイヤー持ちクリーチャー攻撃には弱いものの、この能力のおかげで使用率の高い《勝利のガイアール・カイザー》に破壊されない。パワーも4000とシステムクリーチャーとしては地味に高い。
おかげである程度場持ちも良く、単体でもそこそこ使えるスペックである。

《偽りの名 ゾルゲ》と比べると、

  • 名前の元ネタはおそらく「プリンプリン物語」のプリンセスプリンプリン。あるいはコロコロコミック繋がりだと「コロッケ!!」のプリンプリンとも考えられるが、本カードの容姿が女性であること、また《好奇心 プリンセスプリン》があることより前者だろう。
  • アニメ「ビクトリー」最終回では人間の姿となり、以後ドラゴン龍らと共に人間界で暮らすことになった。声優はカード時代と同じくゆりんが起用されている。ドラゴン龍のような人間としての名前は明かされておらず、「プリンプリン」のままである。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考