英雄奥義(えいゆうおうぎ) バーニング銀河(ぎんが)

英雄奥義 バーニング銀河 P 火文明 (5)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
マナ武装7:自分のマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のコスト12以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DMD-20で登場したマナ武装呪文

S・トリガーバトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードを1枚墓地に送り、自分のマナゾーンカードが7枚以上あれば更にコスト12以下のカードを1枚墓地に送る。

カード指定除去であるため、クリーチャーはもちろんクロスギアドラグハート・フォートレスD2フィールド除去することが可能。
上の効果だけでもコスト5以下の軽・中量クリーチャー《爆熱天守 バトライ閣》《龍波動空母 エビデゴラス》のような厄介なフォートレスを退けられるため、非常に腐りにくい。
だが真価を発揮するのはマナ武装7の発揮時で、上記の効果に加えてコスト12以下というほとんど確定除去に等しい範囲のカード墓地送りにすることができる。
マナ武装の条件こそ厳しいが、場面によっては同コスト《魔狼月下城の咆哮》すら上回る除去性能を誇る強力な呪文である。

後に、似たようなことができる《ドドンガ轟キャノン》が登場。どちらが強いというよりは、これはデッキタイプで分けるべきだろう。相手が積極的なビートダウンを仕掛けてくると踏み、防御を主軸に考えるのなら《ドドンガ轟キャノン》を使うべき。逆に、積極的にマナを伸ばす【モルト「王」】のようなデッキならこちらの採用が望ましいだろう。

  • 革命編では、進化クリーチャーの大幅プッシュおよび【レッドゾーン】に代表される驚異のビートダウン全盛環境に伴い、どっしり構える長期戦が苦手な赤単構築でマナ武装7を達成の不安定さから使用率は一気に落ちることになる。
    • その後の革命ファイナルでは、上述の通り、これで上手くメタれるD2フィールドが登場。新章デュエル・マスターズ環境では、ゲームスピードが若干減速。このカードにとっては中々の追い風となっただろうか。コストが5で、相手の動きへの返しとして手軽に撃てるサイズ感で、しかも腐りにくいカード指定除去というのはやはり強い。
  • その後DMX-20をWHFでの購入特典として限定イラストのバーニング銀河が配布された。こちらのイラストは《燃える革命 ドギラゴン》となっており元のイラストの面影はなくなっている。黒枠のフォイル仕様であり、早期に販売が終了したDMD-20の中でも再録が求められていたカードであったが、夏季のWHFは東京でしか開催されていなかった為、入手は難しい状態だった。
    • その後7月から8月にかけて行われたコロツアーにて開発者とのバトルの勝利賞及びDMX-20の購入特典としても配布され、地方の人でもある程度は入手しやすくなった。

関連カード

収録セット

参考