炎舌実況(えんぜつじっきょう)DJ(デュエルジャッカー)・ショー》

炎舌実況DJ・ショー P 火文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド 1000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手とジャンケンで勝敗を決める。自分が勝った場合、このターン、このクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。
このクリーチャーがバトルする時、相手プレイヤーとジャンケンで勝敗を決める。自分が勝った場合、そのターン、このクリーチャーのパワーは+6000される。
「デュエルジャッカー・ショー」がこの会場にいる時、このクリーチャーのパワーは+1000される。

プロモーション・カードで登場したヒューマノイド

長らくデュエル・マスターズのイベントで司会を務めた「デュエルジャッカー・ショー」をモチーフにしたカードである。

一つ目の能力《JK軍曹チョキパン》と同じ。
およそ2分の1の確率とは言え、2ターン目にスピードアタッカーを出せるのは強力。の入る【速攻】では十分に採用に値するだろう。革命編で登場した《音速 ガトリング》との相性は良く、ジャンケンに勝てばスムーズに侵略してビートダウンできる。

また。バトルする時にもジャンケンをし、勝ったらパワーを+6000するという豪快な能力も備わっている。こちらも約2分の1の確率とはいえ、パワーが一気に7000まで上昇するので、殴り返しに対する牽制となる。
パンプアップされた小型ブロッカーでも、うかつにブロックするのがためらわれるようになるだろう。

また「会場」に「デュエルジャッカー・ショー」がいる場合のパンプアップも持つ。2010年度まではショーが現役だったが、2011年度からイベントの司会はユウアツトに代替わりしたので、実質的に無意味な能力となった。しかし、元々オマケのような能力だったので大した影響は無いだろう。

ジャンケン系の能力は不確定要素が強く敬遠されがちであるが、このクリーチャーほど強力な場合は話が別。2マナスピードアタッカーになる可能性があり、そうでなくともブロックおよび殴り返しにかなりの耐性がある。

コスト論から考えれば破格のスペックであり、【赤単速攻】を中心に、多くの【速攻】デッキに採用を検討できる強力な1枚である。

  • 会場」という概念と、プレイヤー以外の人物を参照する初のカード。この手のカードには全てショーが関係している。ただし、2011年度よりショーに変わってデュエルヒーローのユウとアツトが登場。彼らではショーがいる扱いにはならないため、「会場にショーがいる時〜」の効果はほぼ使えなくなった。
  • ジャンケン強制なので、相手がパワー10000のように負けると分かっていても一応行う。相手が《JK軍曹チョキパン》などの特定の手に反応するカードを出している場合は、出す手をよく考える必要がある。
  • ちなみに、デュエルジャッカー・ショーこと木部ショータ氏は現在も現役のナレーター・司会者として活躍中である。

収録状況

  • 収録はプロモーション・カードであり、いくつかの種類が存在する。
    • 2009年のイベントで配布されたものはショーが人差し指と親指を立てており、テキスト欄には「デュエルツアー2009 スプリング・チャレンジ」のロゴがある。背景にはドクター・ハギーとハッスル・ベリーが描かれているが、ハッスル・ベリーはショーの腕で隠れてしまっている。通称チョキ版。チョキはチョキでも田舎チョキである。
    • 2010年の大会で配布されたものにはハッスル・ベリーとドクター・ハギー、《ボルシャック・NEX》が描かれており、ショーの握り拳が燃えているイラストである。通称グー版。
    • 同年の単行本の付録はラミネカードであり、勝舞がショーとともに手の平を突き出している。背景には《ボルシャック・NEX》が描かれている。通称パー版。
  • 強力なカードだが、イベント配布のプロモーション・カードであり長らく入手しづらかった。漫画「SX」第4巻にて再録された為、入手しやすくなった。
  • 革命編《音速 ガトリング》が登場すると、2ターン目に侵略できるクリーチャーとして需要が一気に上がった。元々一定以上の評価を得ていたカードだが、モデルが姿を消した後に再評価されるというのも皮肉な話である。
    上でも挙げたようにコミックスの付録にはなっているものの、デッキタイプの性質上複数枚必要になることが多く、各地でコミックスの品切れが多発し、やがて絶版してしまう。安さがうりの赤単【速攻】であったが、このカードが高騰してしまったことにより組みづらくなってしまった。過去のイベントキャラクターということもあり再録は難しいとされていた。
  • だがなんでもありのDMX-22に他のデュエルヒーローと共に再録。種類が多いBブロックである為、当てるのは難しいが以前よりかは入手しやすくなった。

その他

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考