《炎竜凰シャイニング・ノヴァ》

炎竜凰シャイニング・ノヴァ P 火文明 (7)
進化クリーチャー:ティラノ・ドレイク 8000
進化−自分のティラノ・ドレイク1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃できる時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー

コロコロコミック2006年7月号の付録として登場した進化ティラノ・ドレイク

アタックステップ中、自身が攻撃できる時にメテオバーン進化元を捨てると、コスト5以下のカード墓地に送ることが可能。マナは重いものの、《バジュラズ・ソウル》《龍波動空母 エビデゴラス》除去することもできる。

使用するタイミングが「攻撃できる」時なので、相手のシールドブレイクしたくない場面でも安心して使えるのが利点である。

似た能力を持ったクリーチャーとして《永遠のジャック・ヴァルディ》《滅殺鉄拳オニジゴク》が存在する。
前者は多色カードを、後者はクリーチャー以外を破壊する事ができないが、その分軽い
《永遠のジャック・ヴァルディ》多色クリーチャーから進化でき、種族デッキを組む必要がないので使いやすい。

また《滅殺鉄拳オニジゴク》も、全文明に存在するハンターから進化でき、自身もハンターエイリアンのサポートを受けられるというメリットがある。

だが、こちらはに強い《電脳聖者タージマル》破壊できるほか、それらでは対処できないクロスギアドラグハート・フォートレスD2フィールドなども破壊できる。

ただし、刺さるかどうかは相手次第。コスト5以下のカードしか除去できないので、《超電磁コスモ・セブ Λ》《バジュラズ・ソウル》《龍波動空母 エビデゴラス》破壊できるが、コスト6以上のフィニッシャー格には手出しできない。

《超竜騎神ボルガウルジャック》《轟竜凰ドラグランダー》とは一長一短であり、環境を読んで使うことが求められる。

  • 「シャイニング・ノヴァ」とは「光り輝く新星」という意味。ただ、登場当時は名前と裏腹に「遅い割に除去範囲が狭い」とロクに期待されていなかった。ティラノ・ドレイク軸のデッキが安定するにつれて評価が上がったが、ドラゴン・サーガ以降手軽なカード指定除去が続々登場し、再び立場を失ったカード。

収録セット

参考