黄金世代(ゴールデン・エイジ) 鬼丸(おにまる)(ばく)」》

黄金世代 鬼丸「爆」 VIC 火文明 (6)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 13000
進化−自分のヒューマノイド1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それがヒューマノイドであれば、このクリーチャーは墓地に置かれるかわりにバトルゾーンにとどまる。
このクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーの下にあったクリーチャーをすべて、墓地からバトルゾーンに出してもよい。

DMR-05で登場したビクトリーを持つ進化ヒューマノイド/ハンター/エイリアン

パワー13000のT・ブレイカーという強力な基本スペックに、山札の上ヒューマノイドであれば破壊されない破壊置換効果と、破壊された時に自身の進化元リアニメイトするpig能力を持つ。

コスト6とヒューマノイドにしてはやや重いが、《鬼斗マッスグ》《爆裂B-BOY》等のコスト軽減から繋げることで解消できる。この2枚はヒューマノイドのため、進化元としても扱うことができ、相性が良い。特にデザイナーズコンボである《鬼斗マッスグ》との組み合わせは非常に強力であり、3→4と繋げることで、実質的に「コスト4の召喚酔いしないT・ブレイカー」という強力なアタッカーとして使用できる。自身の破壊され辛さも相まって、ゲーム序盤からT・ブレイカーによる猛攻を仕掛けることができる。

デメリットとしては《父なる大地》《ドンドン吸い込むナウ》などの、破壊以外の除去カードには耐性が無いことが挙げられるか。特に《ドンドン吸い込むナウ》は使用率が高いため、あらかじめ《鬼斗マッスグ》をもう1体出しておくなど、バウンスされても最低限のテンポアドバンテージの損失で抑えられるようなプレイングを心がけたい。

  • 2014年7月のエラッタにより、山札の上を公開する処理も置換効果の一部に含まれるようになった。裁定通りのテキストにすると以下のようになる。
    このクリーチャーが破壊される時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せ、それがヒューマノイドであれば、このクリーチャーは墓地に置かれるかわりにバトルゾーンにとどまる。
  • アニメ・漫画では切札 勝太の切り札として活躍する。アニメでは、福引の景品としてトイレットペーパーが山積みになる中、最後に当たった景品として登場した。
  • 伊原しげかつ氏によって描かれた背景ストーリー漫画『STORY OF DUEL MASTERS』のうち、エピソード2に相当する「〜覇王鬼丸伝編〜」では、第1話にて登場。カードイラストにおいて鬼丸が乗っている大剣が「覇王の力を得る」と伝えられる火山に突き刺さった古代の剣「覇王丸」として登場し、ライオネルの「絶無」を受けてなお消えぬ鬼丸の意志に共鳴し、飛来した覇王丸を手にした鬼丸が《問答無用だ!鬼丸ボーイ》の姿から進化。振り下ろした覇王丸の一太刀、「王鬼の爆剣」でライオネルを両断した。

関連カード

鬼丸

希望の双子二人一組

希望の双子の融合形態

フレーバーテキスト

  • DMR-05
    カシラに迷惑はかけねぇ!――黄金世代 鬼丸「爆」

収録セット

参考