音階(おんかい)精霊龍(せいれいりゅう) コルティオール》

音階の精霊龍 コルティオール R 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 4000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のドラゴン1体につき、相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。

DMX-17で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン
イラスト名前能力を見れば分かるように《霊騎コルテオ》ドラゴン版である。

初のドラゴンS・トリガーであり、《霊騎コルテオ》と比べると種族が優秀になったことから多くのサポートを受けたり、進化元として活躍できるようになった。
S・トリガーで出た返しのターンで各種進化エンジェル・コマンドになって反撃することも可能であり、エンジェル・コマンド・ドラゴンをあまり多く入れないエンジェル・コマンドデッキにも入りうる。
コマンドなので《三界 ブッディ》にも侵略可能。

その反面、cipでのタップの条件がドラゴンの数と範囲が狭まり、コストも上がっている。
エンジェル・コマンド・ドラゴンではないエンジェル・コマンドデッキに入れるならばドラゴンが少ない事も多いため、あまりタップできない事を念頭に入れておくべきだろう。

だが、自身も含むので最低でも1体はタップでき、パワーも2000上がったことで殴り返しもある程度できるようになり、スペックはそこまで悪くはない。
エンジェル・コマンド及びドラゴンであることを重視するならコルティオール、そうでないならコルテオといったところだろう。

ライバルの《霊騎コルテオ》革命編《閃光の守護者ホーリー》が登場した事により採用率を落としたが、一方こちらは元々種族が強みだったため《コルテオ》ほど致命的ではなく、むしろ差別化が容易となった。
更に革命ファイナルでは革命チェンジが登場したため、簡単に出せる高コストドラゴンの評価が上昇。発売当初とは打って変わって《霊騎コルテオ》との立場が完全に逆転してしまった。

  • DMD-16《霊騎コルテオ》が収録されている為、この世界にはコルテオもコルティオールもどちらも存在しているということが分かる。お互いにそれぞれのことをどう思っているか、少々気になるところ。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMX-17
    10年に1度開かれる『デュエル・マスターズ』。各文明が龍の力に目覚めたことで史上空前の戦いが予想されるんです!! ---アクア実況者 オガプー
  • DMX-20
    シールド・トリガーデッキに入れれば入れるほど防御力アップ!8枚以上のトリガーを用意しよう!
  • DMD-28
    ローゼンスター無敵の防御力与えてくれるの守護神だ!
  • DMD-30
    レインボーカードはマナゾーンにタップして置くので、置くタイミングに注意!できるだけ1ターン目に置こう!
  • DMBD-05
    なぜ、ドラゴンは強いのか? それは、もともと強いからだ! ドラゴンである事自体が強さなのだ。
  • ハッピー6パック Vol.3(P47/Y13)
    勝利こそが正義。貴殿の勝利のために我が力、使っていただこう。 ---音階の精霊龍 コルティオール

収録セット

参考