音感(おんかん)精霊龍(せいれいりゅう) エメラルーダ》

音感の精霊龍 エメラルーダ P(R) 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 5500
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ、手札に加えてもよい。その後、自分の手札を1枚、裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。(こうして自分の手札に加えたシールド・カードの「S・トリガー」を使ってもよい)

DMX-18で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン

cip能力S・トリガー使用可能のシールド回収と、手札からのシールド追加を行う。

攻撃が可能なブロッカーでもあり、シールド交換能力を持つことから、単純なスペック《アクア・スーパーエメラル》に近い。だが、こちらは回収・追加の両方が任意でありS・トリガーを発動できるため、状況に応じて同時に行うことも片方のみを行うこともできたり、S・トリガーS・バックを起動させたりすること出来るなど、非常に使い勝手が良い。

《アクア・スーパーエメラル》との最大の違いは、S・トリガー暴発ができる点。ブロッカーなので、《ヘブンズ・ゲート》から出すことももちろん可能。《奇跡の精霊ミルザム》プレミアム殿堂以前は併用も珍しくはなかった。

ウルトラシールド・プラスで6枚重ねにしたシールドを即回収し、その中のS・トリガーも使うことができる。《ヘブンズ・ゲート》が出てくれば儲けものであり、大型ブロッカーを更に展開することができる。

この時《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》マナ武装《革命聖龍 ウルトラスター》革命2が発動していればカードは全てS・トリガーとなる。これにより、《聖霊王アルファディオス》をもコスト踏み倒しが可能となる。このカードの登場で【暴発ミルザム】は格段に強化された。

【ヘブンズ・ゲート】以外でもS・トリガーを仕込むのに活躍する。《終末の時計 ザ・クロック》スパーク呪文シールドにすれば大幅に時間を稼ぐことができる。

の入ったデッキでは様々な用途に活躍する便利なカードと言える。

  • テキストが「Aしてよい。その後、Bしてよい」の書き方であり、AはBのコストではない。AとBは独立しているため、AかBの片方のみ行うこともできる。
  • シールド交換S・トリガー等を使う場合、処理順は以下のようになる。ややこしいので使用する場合は十分に把握しきった上で使用すべきである。
  1. シールドをひとつ(複数のシールドカードで構成される場合は束になって)手札に加えようとする。(任意
    その前にその中身を実際に手札に加える前に確認する。
  2. S・バックコストに使えるカードS・トリガーがあり、使用する場合はそのシールドの中から使用するシールドカードを相手に公開する準備を整える。
  3. 先にS・バックを公開し、処理する。
    墓地に置かれたシールドカードは、シールドゾーンから直接墓地に送られた扱いとなる。
    呪文唱えるところまで、クリーチャー召喚するところまでで、cipはまだ解決できない。
  4. 次にS・トリガーを公開し、処理する。
    このときにはそのシールドはすでにシールドゾーンから離れ、手札に加わっているという扱いになる。
    したがって、S・トリガーは見かけ上はトラブル防止のためにシールドゾーンから使用されるが、実際には手札から使われているという扱いを受ける。
    呪文唱えるところまで、クリーチャー召喚するところまでで、cipはまだ解決できない。
  5. すべて処理し終えたら、《エメラルーダ》の能力により、手札から1枚、独立したひとつのシールドとしてシールドゾーンに置く。(任意であり、複数の踏み倒しを実行した直後だと忘れやすい。注意)
  6. 《エメラルーダ》の処理が全て終わる。
    ここではじめてS・バッククリーチャーS・トリガークリーチャーcip解決できる。
  7. 自分のターンであれば、相手の《早撃人形マグナム》等の処理より前に、これらのcip解決
    相手のターンであれば、相手の《早撃人形マグナム》等の処理を先に解決する。
  8. 待機されたトリガー能力解決中にさらに自分のS・トリガーS・バックトリガーした場合は、他のいかなるトリガー能力よりも優先して解決しなければならない。

関連カード

フレーバーテキスト

  • プロモ(P96/Y13)
    シールドを支配するものが戦いを制するのだ。 ----音感の精霊龍 エメラルーダ

収録セット

参考