音奏(おんそう) プーンギ》

音奏 プーンギ UC 光文明 (2)
クリーチャー:メタリカ/ワンダフォース 2500
相手の呪文を唱えるコストは1多くなる。
自分のターン中、相手が呪文を唱えた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

DMRP-09で登場したメタリカ/ワンダフォース

呪文メタ常在型能力を持ち、自分のターン中に相手が呪文唱えた時にGR召喚する。

メインデッキに入るコスト増加によるコスト2の呪文メタ《堕魔 ドゥスン》に次いで2例目。

《ヘブンズ・フォース》から《奇石 ミクセル》と共に出せば、2コストコスト踏み倒し呪文の両方にメタを張ることができる。しかも《タイム3 シド》《奇石 タスリク》より1コスト軽いため素出しのしやすさで差別化でき、2マナある状況なら《ヘブンズ・フォース》で出したとしても相手の《奇石 ミクセル》の影響を受けない。

【青単ムートピア速攻】も、これ1枚で機能停止に追い込んでしまえる。

自分のターン中に相手が呪文を唱えた時にGR召喚する能力は、S・トリガー呪文を踏んだ際に役立つ。オマケのような能力だが、何もないよりは耐性として機能するだろう。

先行ならば2ターン目の《フェアリー・ライフ》すら防ぐことができるうえ、S・トリガーで踏んでもクリーチャーの頭数を増やせる。
そのため、速攻に対して序盤からマナブーストを行い大型クリーチャー召喚するようなデッキには比較的強いと言える。
ただ、《テック団の波壊Go!》などの全体除去を打たれると、GR召喚できる量に対して除去される量が多くなりがちであり、これはケアし切れないと言える。

パワーラインも優秀で、同コスト帯に多いパワー2000のウィニーでは殴り返しすらままならない。そのため、ごり押しにも比較的向いている。

環境において

超天篇環境では【赤白“轟轟轟”ブランド】【赤白レッドゾーン】で使用されている。

超天篇環境を考えると《奇石 ミクセル》と合わせて十分にカウンター札をケアすることができる。呪文S・トリガーによるカウンターは大抵クリーチャーを踏み倒すか単体除去を行うかなので、早期に出せば《奇石 ミクセル》でクリーチャーの着地を阻害することができ、このカードGR召喚で単体除去をケアできる。全体除去には流石に弱いが、手打ちに苦労するコストの全体除去は同環境では実際のところあまり積極採用されていない。

超天篇環境で採用されるGRクリーチャーのパワーラインは3000以上が基準になっており、その点《KAMASE-BURN!》による効果バトル除去される恐れがあるが、そこで呪文コスト増加が活きる。

DMEX-05期には《爆鏡 ヒビキ》と共に並べる構築まで【赤白“轟轟轟”ブランド】で見られるようになり、この構築が同期のチャンピオンシップ(3人1チーム戦)3位入賞を果たしている。相手の1回の呪文詠唱に反応させて一気にアドバンテージ差を付けるという意図で同時採用されたとみられる。

その他

  • カード名にある「プーンギ」とはインドに伝わる笛のこと。ひょうたんと竹管を組み合わせたものであり、ヘビ使いが好んで使用する。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考