華麗の超人(カレー・ジャイアント)

華麗の超人 R 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント 3000
このクリーチャーが攻撃する時、自分が負けるか中止するまで、相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分が勝った数、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置いてもよい。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。

DMR-08で登場したジャイアント

攻撃時にガチンコ・ジャッジを行い、勝った数だけマナを増やすことができる。

莫大なマナを必要とする【ターボゼニス】【ゴッド・サーガ】などのデッキに向いている。ファッティデッキを固めれば、一気に3、4枚のマナブーストを行うのも夢ではない。

ジャイアントなので【ドルゲーザ】でも採用が見込める。一度攻撃できれば《剛撃戦攻ドルゲーザ》《真実の名 ジャイアント・マック》に繋ぐのも容易だろう。

アタックトリガーなのでややラグが気になるが、破壊される時に置換効果マナゾーンに行くため、1回も能力が発動しなくても無駄になり辛い。とことんマナブーストにこだわった一枚である。

後に《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》が登場した影響で「山札見る」の定義が再編され、《Q.Q.QX.》存在下では相手だけガチンコ・ジャッジできない=見せるコストが0になるという裁定が出ると、3ターン目に《Q.Q.QX.》を出して4ターン目にこのカードで無限マナブーストできるようになった。しかも無限マナブーストの手順を省略すれば、マナゾーンに埋めたいカードマナブーストすることができ、山札に残したいカードをそのままにできる。

爆発力を持ったカードなので、うまく使ってやりたいところである。

サイクル

DMR-08の自分が負けるか中止するまでガチンコ・ジャッジを行うカード

収録セット

参考