(かす)妖精(ようせい)ジャスミン》

霞み妖精ジャスミン C 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMR-01で登場したスノーフェアリー

cip自壊することによって、山札の上カードマナゾーンに置く。性能的にはクリーチャー《フェアリー・ライフ》と言って差し支えない。
自然基本カードの1枚であり、2コストマナブーストの新たな選択肢。DMR-01での登場以来、《フェアリー・ライフ》とともに非常に多くのデッキで使用されている。

特徴はなんといってもクリーチャーであること。呪文感覚で使用した後もサルベージを通して何度も再利用出来、マナブーストが不要な時は自壊しない選択をすることでウィニーとして場に残すことが出来る。《フェアリー・ライフ》と比較すれば、かなり用途が増えて腐りにくくなっていることがわかる。
《封魔ゴーゴンシャック》《虚構の影バトウ・ショルダー》《マインド・リセット》といった呪文メタに引っかからないのも大きな利点。初動は出遅れると詰みかねないため、ここで安定感を発揮できるのは強みであろう。
【サイバー・G・ホーガン】デッキ進化を多用するデッキ等、呪文の比率を上げたくないデッキにも手軽な2コストマナブーストを投入できるようになった。《ジャスミン》の登場で質を向上させたデッキはかなり多い。
黒緑で組まれるデーモン・コマンドデッキでも、《地獄門デス・ゲート》リアニメイトして中盤以降に《母なる星域》の種にするのに有用。

また、種族スノーフェアリーも優秀。種族デッキでは序盤のマナブーストの後に墓地に行くため、《ダイヤモンド・ブリザード》《ダイヤモンド・カスケード》能力回収しつつ再度利用することが出来、実に無駄が無い。

他の2コストマナブースト群たちとは競合する立場にあるが、それぞれ性質が異なるため適切な場で使い分けるとよいだろう。《爆砕面 ジョニーウォーカー》《電脳鎧冑アナリス》《悪魔妖精ベラドンナ》は上位能力を持つが、単色多色では言うまでもなく運用性が変わってくる。むしろ、同じクリーチャーマナブーストとして組み合わせられることが多い。

クリーチャーになっただけではあるが、2コストマナブーストの手軽さ・利便性・可能性を大きく飛躍させた偉大なクリーチャーである。今後も様々なデッキで活躍していくことであろう。

  • 比較対象、というより同じくスノーフェアリーで2コストかつマナブーストの役割を担うクリーチャーは他に《桜風妖精ステップル》《再生妖精スズラン》といったものがある。それぞれ違った形で有用性を持つクリーチャーなので単純に優劣は付け難い。デッキに合ったものを選ぶか、もしくはこの3種を共存させてもいいだろう。ちなみにいずれのクリーチャーも少女型のスノーフェアリーである。
  • 2015年3月14日発売のコロコロアニキ第2号に付属したプロモ版カードイラストは、長きにわたってコロコロコミックで活躍している漫画家「かしもとまなヴ (旧:樫本学ヴ)]」氏が担当。妖精のかわりに、彼の代表作である「コロッケ!」の主人公「コロッケ」とその相棒の「メンチ」が大きく描かれている。また、その周りには同じく代表作の「学級王ヤマザキ」の主人公「ヤマザキ」や月刊コロコロコミックで2013年10月号から連載中の「ぷにゅぷにゅ勇者 ミャメミャメ」の主人公「ミャメミャメ」も描かれている。
    • フレーバーテキストの「ハンバーグー」とは前述の「コロッケ」の必殺技の一つである。ただし、そちらは炎を纏った拳で殴りつける技なので、どちらかというと文明のイメージに合う。
  • 「ビクトリーV3」では単独のキャラクターとしても登場。第27話にてカツドン(正確には《武闘将軍 カツキング》)に一目惚れし、オラクルの影響ではなく「愛の力」で実体化。カツドンドロン・ゴーさせようと、痛めつけるためにバットを持ち出す等、少々愛が過ぎて猟奇的に描かれている。その後は自分を倒したブータンに惚れ、彼を追いかける所で話は終わる。この時、カードイラストでは描かれていなかった「目」が描かれていた。
    • このジャスミンの声を担当していたのは日高里菜氏である。なおこの話以降、セリフこそないがジャスミンをデュエル終盤で召喚しても自壊せずにアタッカーにまわす場面が多くなっている。ちなみに、日高氏が声を担当した個体は第38話でも再登場している。また、この話以降ジャスミンの3Dグラフィックが用意されるようになった。

戦績

アニメ「デュエル・マスターズV3」

サイクル

DMR-01cip自爆クリーチャー

DMD-04にて、火文明にも登場した。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考