牙修羅(がしゅら)バット/真血染める闇牙(ブラッドレッド・アンガー)

牙修羅バット SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴンギルド/マフィ・ギャング 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見てその中から呪文を1枚選び、捨てさせる。
自分のターンのはじめに、コスト6以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
真血染める闇牙 SR 闇文明 (8)
呪文
相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。その後、相手は自身のクリーチャーを2体選んで破壊する。

DMRP-07で登場したドラゴンギルド/マフィ・ギャングおよび呪文ツインパクト

クリーチャー面はcipで呪文をピーピングハンデスし、自分のターンのはじめにコスト6以下のクリーチャーリアニメイトする。
ハンデスにはツインパクトも対象となる。

コスト6圏内なら、どれでもリアニメイトできるため、墓地肥やしを組み合わせれば毎ターン二体のクリーチャーを出すことが可能。
特に《凶鬼03号 ガシャゴズラ》との相性はよく、あちらで更なる踏み倒しや、スレイヤーを与えて、相手クリーチャーを確実に倒し、こちらの効果で復活・・・と、これまでにないシナジーを発揮する。

呪文面は、《ガンヴィート・ブラスター》と似た効果で、相手に2枚のセルフハンデスと自身のクリーチャーを2体破壊させる。

相手に選ばせるため、自分からは選べないが、アンタッチャブルを確実に消すことが可能。マッドネスで割り込んだとしても、クリーチャー破壊で台無しにできる。

二つの効果は特にシナジーしていないものの、相手を追い詰める一手としては十分な破壊力。
コストが重めなのを何とかすれば主力カードとして働くだろう。

登場以降【ジャバランガループ】で使用されているが、やはり7コストのリアニメイトとしては範囲が狭い上に何度もターンを跨がないと真価を発揮しないことから主要パーツとして定着するには至っていない。

アニメではゲジスキーが使用。
ハニーQ戦ではクリーチャー面のcipにより《コクーン・マニューバ》を捨てさせ、次のターンの始めに《凶鬼03号 ガシャゴズラ》リアニメイトしてさらなる大量リアニメイトを行った。しかし、ハニーQ終葬 5.S.D,により、除去される。
その後のキラ戦では呪文面を使用。キラの手札を2枚捨てさせ、《一番隊 クリスタ》を破壊した。その後《戒王の封》の効果で復活。その後、自身の効果で《凶鬼03号 ガシャゴズラ》を復活させた。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-02 (日) 20:16:19