懐疑(かいぎ)虎狼(ころう) ミラーズホロウ/「(なんじ)偽名(アンノウン)なりや?」》

懐疑の虎狼 ミラーズホロウ P 光文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド/アンノウン 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から、アンノウン1体と呪文を1枚、手札に加える。その後、残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
「汝は偽名なりや?」 P 光文明 (3)
呪文
自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中から、アンノウン1体と呪文を1枚、手札に加える。その後、残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

DMBD-06で登場したデーモン・コマンド/アンノウンツインパクト

クリーチャー面はcipトップ4枚を表向きにしてその中のアンノウン呪文を1枚ずつ手札補充するブロッカー
呪文面はクリーチャー面のcipの小型版と言った性能。

光のデーモン・コマンドの割には、堅実なスペック。後続と呪文を一度に補充できるのは言わずもがな。ブロッカーでもあるため、相手ターンを凌げることも良いところ。

生かされるとしたら、呪文面であろう。
クリーチャー面と比べて表向きにする枚数は少なくなるが、手打ちしやすいコストのため、アンノウンを手札に加えられずとも、最低でも呪文を手札に加えられることを頭に入れておきたい。
加えて、光は呪文回収に長けてもいるため、ツインパクトも回収できることなどから、必然的にクリーチャー回収にもなれる。

《エンジェル・フェザー》と比べると回収範囲と見る山札の範囲が狭いのが難点だが、ツインパクト呪文が通常呪文よりも控えめなコスト論でデザインされる都合上、こればかりは仕方がないだろう。

  • 名前の由来はどちらの面もテーブルゲーム「人狼」。クリーチャー面は「ミラーズホロウの人狼」、呪文面は「汝は人狼なりや?」が由来。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-17 (水) 02:37:18