改造治療院(ファクピタル)

改造治療院 C 闇文明 (3)
呪文
S・トリガー
相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。
クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。

DMRP-03で登場した呪文
セルフハンデスクリーチャーを1体をサルベージする能力を持つ。

いの一番に思いつくのは《特攻人形ジェニー》の使い回しであろう。《激天下!シャチホコ・カイザー》《超次元リバイヴ・ホール》で《特攻人形ジェニー》を再利用するには5コストを必要とするが、3コストでハンデスのついでに墓地回収ができるとあればこのカードの強さが分かるだろう。
他にも、《黙示護聖ファル・ピエロ》とこのカードを組み合わせれば、このカードを延々と使い回すことも可能。

その分単体ではマッドネスに非常に弱いが、これは仕方がないだろう。

手札補充のついたハンデスには今まで《アンラッキーダーツ》《ブチクダキ・ハンマー》《ポカポカ・ハンマー》などがあったが、こちらは事前の墓地の用意は必要なものの、煩わしい条件がなく、ある程度狙ったクリーチャーを回収できる上にS・トリガー付きと、使い勝手が向上している。
墓地回収カードとして見た場合も、《ダーク・リバース》以上に使い勝手が良く、コストパフォーマンスでは《どんどん掘るナウ》をも上回る。

が入る場合は《ブレイン・タッチ》という強力なカードが存在するが、マッドネスに強い・安定した手札補充マナ基盤として使えるそちら、S・トリガー持ち・回収の選択肢が広い・マナタップインしないこちらと、青黒などでも十分争えるだけのスペックを持つ。

環境において

新章デュエル・マスターズ環境における【青黒ハンデス超次元】は中盤以降を厚くしたやや重めの構築に寄っており、単体のカードパワーを優先するとテンプレ構築には入りづらい。DMRP-03期のチャンピオンシップでこれを入れた【青黒ハンデス超次元】が優勝するなど結果は残しているが、枠が無いというのもあろうか主流にはなっていない。

それでも、新章デュエル・マスターズのブロック構築ではハンデスとして主力レベルであり、DM・双マーク2ブロック構築環境でも十分採用圏内。通常環境で考えても双極篇ツインパクトが登場して強化を受けた。

その他

  • 名前の「ファクピタル」は「ファクトリー(Factory/工場、製造所)」と「ホスピタル(Hospital/病院、治療院)」を合わせたものだろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-03
    右手と左手の取り替え手術。今なら無料サービス致します。 ---改造治療院入口の看板
  • DMEX-04
    復活の繰り返し。そこにこそ、マフィ・ギャングの戦略の最&強が隠されている。

収録セット

参考