界王類絶対目(かいおうるいぜったいもく) ワルド・ブラッキオ》

界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ SR 自然文明 (11)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 27000
ワールド・ブレイカー
相手のクリーチャーがバトルゾーンに出て、そのクリーチャーの能力がトリガーする時、かわりにその能力はトリガーしない。(例えば、相手は「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時」で始まる能力を使えない)

DMR-13で登場したジュラシック・コマンド・ドラゴン

相手クリーチャーcip能力の誘発を封じる常在型能力を持つ。

《終末の時計 ザ・クロック》といった確実に止めてくるS・トリガークリーチャーをほぼ封殺することができるため、フィニッシャーとして非常に優秀である。ただし、除去への耐性は持っておらず、pig常在型能力は防ぐことができないので、過信は禁物。

ドラゴン・サーガ環境では重さ故にそれほど活躍しておらず、革命編から革命ファイナルにかけては手軽に大型クリーチャーを出せる侵略革命チェンジと言ったギミックに押されてロマンカードという地位に甘んじていた。《ミステリー・キューブ》の殿堂入りも向かい風であった。

しかし《古代楽園モアイランド》の登場以降は評価が一変。それまでに研究が進んでいた【緑単ループ】《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《古代楽園モアイランド》と共にフィニッシャーとして組み込まれるに至り、「VANモアイワルド」というロック体制が「大王VANナイン」に取って代わった。

それでも《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》が登場すると、10コストで手軽に「大王VANナイン」を用意できる上に相手にオールランデスを加えることもできるため、詰めの性能が比較的甘いこちらの積極利用は終息した。デッキ性質上ほぼ自然1色にする必要のあるため相性の良い【ゲイル・ヴェスパー】でもデッキスペースを空費することでライブラリアウトの危険性があるため、それを逆手にとった《水上第九院 シャコガイル》でのフィニッシュが主となった。


注意点は以下の通り

  • テキスト自体をなかったことにするわけではないので、「このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、またはこのクリーチャーが攻撃した時」など出したとき以外のタイミングでもトリガーする能力は、cipとしてトリガーする場合のみ無効になり、そのほかのタイミングでトリガーする場合は無効にならない。
  • バトルゾーンに出たことにトリガーする能力を無効にするので、バトルゾーンに出る際に適用されるシールド・フォースG・リンクを無効にすることはできない。また、cipとは違うためリンク時に誘発する能力も無効にならない。
  • 解決ではなく能力のトリガーを無効化する。したがってこのクリーチャーが出る前にトリガーしてストックされているcip能力は無効にならない。例として《獰猛なる大地》を唱えて先に自分のcip能力持ち、次に相手のこのカードという順番でバトルゾーンに出した場合、このカードが出る前にcip能力がトリガーしているので《獰猛なる大地》解決後にこのカードが残っていたとしてもcip能力の解決ができる。

強制効果のため、相手にとってデメリットとなるcip能力であっても無効にしてしまう。例えば相手が召喚以外の方法で《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》を出したり、相手のマナが9枚未満の時に《緑神龍ドラピ》を出してもcip能力がトリガーせず、バトルゾーンに留まる。

cip能力無効化」という、相手によってはデッキの動きそのものを封じてしまう強力な能力を持つ。加えてパワー27000のワールド・ブレイカーという、凄まじい性能を誇るクリーチャーである。
問題は、やはり「コスト11」という圧倒的な巨大さをどうするかである。自然らしく純粋にマナブーストに頼るか、コマンド・ドラゴンであるという種族の優秀さを活かすのがメインとなるだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-13
    古き時代は、パワーがすべてだった。

収録セット

参考