革命魔王(かくめいまおう) キラー・ザ・キル》

革命魔王 キラー・ザ・キル SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍 11000
進化−自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、闇以外のクリーチャーをすべて破壊する。
革命2−このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドが2つ以下なら、自分の墓地にある進化以外の闇のクリーチャーをすべてバトルゾーンに出す。

DMR-17で登場した進化デーモン・コマンド・ドラゴン/革命軍

パワーが1000下がった代わりに進化条件が非常に緩くなり、さらに革命2を得た《悪魔神バロム》といったスペックである。

革命2では自分の進化以外のクリーチャーをすべてリアニメイトするという豪快なもの。まさにピンチをチャンスに変える革命らしい能力である。
《デビル・ドレーン》などシールドを削る手段は闇にもあるものの、《デビル・ドレーン》殿堂しておりそれ以外のカードはほとんどが1枚しかシールドを削ることができず狙って革命2を発動させるのは難しい。
一掃能力を使用するだけでも十分強力なので、革命2はおまけとして見てもよいだろう。

ただし全能力強制のため、《不吉の悪魔龍 テンザン》などのデメリットのあるクリーチャーリアニメイトさせてしまう事には気をつけておきたい。

革命2を軸とする場合、最も現実的な運用法といえば《凶鬼23号 グザリ》《カラフル・ナスオ》などで墓地を肥やした後、《逆転のオーロラ》《母なる星域》を活かしてバトルゾーンに出し、革命2で踏み倒した《革命龍 ガビュート》《冥府の覇者ガジラビュート》でシールドを焼却することであろう。最速4ターンで勝ちに行けるので、上手く回れば強力である。

  • 背景ストーリーでは闇の国の王として登場。獣軍隊のリーダー《超獣軍隊 ゲリランチャー》と終わりなき戦いに発展した際に、自らの命を削り《魔の革命 デス・ザ・ロスト》を復活させる。
    • なおこのカードリアニメイト能力は非進化限定のため、実際のゲーム中でこの場面を再現することはできない。
    • 『デュエル・マスターズ 入門デュエマ 革命スタート完全ガイド』によると、キラー・ザ・キルは「悪魔宮殿 タワー・オブ・キラー」を居城とするという。「タワー・オブ・キラーの頂上にある巨大な目玉は、敵国を監視するスパイの眼!!日夜、血なまぐさい革命の計略が練られているのだ!!!」と同書にはある。

関連カード

収録セット

参考