学校男(がっこうおとこ)

学校男 R 闇文明 (2)
クリーチャー:ヘドリアン/エイリアン 8000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを2体破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。
W・ブレイカー

DMR-07で登場したヘドリアン/エイリアン

《魔刻の斬将オルゼキア》を逆にしたような能力を持つ。

cipでこちらのクリーチャーを2体破壊しなければならないデメリットを持つが、コストに対してパワーが非常に高く、ついでのように相手のクリーチャーも1体破壊できる。

文明の十八番であるスーサイド戦術にはよく《魔刻の斬将オルゼキア》が用いられるが、このカードは非常に軽いため、序盤から使っていくことができる。

自分のクリーチャーを残すことにこだわらなければ、コスト2の《死の宣告》と同じ。その軽さを活かし、ハンデスの天敵である《墓守の鐘ベルリン》、こちらが召喚以外で出したクリーチャーバウンスさせられるアンタッチャブル《異端流し オニカマス》、優秀な超次元呪文を妨害する《封魔ゴーゴンシャック》《爆鏡 ヒビキ》など軽量システムクリーチャーの対策としてしばしば用いられる。

弱点はバウンス軽い故に《斬隠テンサイ・ジャニット》などで簡単に除去され、デメリットを再び被ることになる。また、《父なる大地》も要注意。不用意にマナゾーンに置くと、引っ張り出されて自軍に壊滅的な打撃を与える恐れがある。

  • 《オニカマス》の天敵であると同時に、《オニカマス》を巻き込むことが珍しくないため併用が難しカードでもある。実際のところ、【ドロマー超次元】などでも、フィニッシャーである《ヴォルグ・サンダー》はcipさえ使えれば良い(その点寧ろ《オニカマス》で手札に戻された方が好都合)、《学校男》がなくとも《オニカマス》があれば十分守りを固められるなどの理由により、何が何でも入るという訳ではない。

相互互換

フレーバーテキスト

  • DMR-07
    丸ごと綺麗にしゃちゃえばいいんだー!ヘドゥルー!――学校男
  • DMX-16
    命を投げ出すことすら楽しむ魂無き者たち。人はそれを、ファンキー・ナイトメアと呼んだ。
  • DMD-24
    その身を犠牲にしても護るべきものがある。そのことを、誰しもいつかは学ぶ。
  • DMX-22
    今からちょっと殺し合いをしてもらいます。---学校男

収録セット

参考