奇石(きせき) アルキン》

奇石 アルキン C 光文明 (2)
クリーチャー:メタリカ 3500
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

DMRP-08で登場したメタリカ

パワー3000が標準だったコスト2の単色ブロッカーのパワーラインを押し上げた1枚。
生まれながらにして《宣凶師ベルモーレ》上位互換であり、あちらから強制ブロックのデメリットが抜けたカードとも言える。

とはいえ、インフレの進んだ現在ではそれでも使用に耐えうるスペックとは言い難い。
パワーでなく能力で標準ブロッカー上位互換となっているカードにはすでに《聖鐘の翼 ティグヌス》などがおり、登場時の環境でもパワーの差より能力の方が重視されやすい。

また、メタリカの2マナ域は《一番隊 クリスタ》《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》など、強力なカードの激戦区である。
準バニラであるこのクリーチャーの出番はそうそうないだろう。
せめてもう少し生まれる時代が早ければ【速攻】対策として一役買ってくれたかもしれないのだが。

  • カード名フレーバーテキストを考えると、元ネタはアルミとYoutuberの『HIKAKIN(ヒカキン)』氏だろうか。因みに、アルミホイルをハンマーで叩いて加工する様子を動画に収めて公開するチャレンジが2018年春頃に流行した。

フレーバーテキスト

  • DMRP-08
    10000回叩きに叩き、鍛え上げ、磨きに磨いた。この体、見てくれ!高評価よろしく! −奇石 アルキン

収録セット

参考