奇石(きせき) スタジェム/マッハ・ナックル》

奇石 スタジェム R 光文明 (7)
クリーチャー:メタリカ 6500
シンパシー:クリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の他のクリーチャーを2体タップしてもよい。そうしたら、このターン、このクリーチャーはすべてのバトルに勝つ。
マッハ・ナックル R 自然文明 (1)
呪文
このターン中、次に自分のクリーチャーを召喚する時、その召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。このターン、そのクリーチャーに「マッハファイター」を与える。(「マッハファイター」を持つクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

DMRP-09で登場した/自然メタリカツインパクト

クリーチャー面は《太陽の精霊マルシアス》よりパワーが4500上がってW・ブレイカーが付いた代わりにすべてのバトルに勝つ能力がアタックトリガー、しかも自軍の他のクリーチャーを2体タップするというキツイ条件付きとなっている。
これだけなら到底使い物にならないが、自分の全てのクリーチャーを参照できるシンパシーを持っている。1コストまで軽減できれば単純なW・ブレイカーとして割り切ってしまっていいだろう。
【サザン・ルネッサンス】では《一番隊 クリスタ》の存在もあり1コストでだすことも容易である。
あちらのデッキが苦手な《ドンジャングルS7》のような可能であれば攻撃する類のクリーチャー除去できる。

呪文面は《キリモミ・ヤマアラシ》マッハファイター版というべき効果。恐らく2枚手札に嵩張ったらクリーチャー面を呪文面で生きた除去に変換しようという意図でデザインされたのだろう。
《キリモミ・ヤマアラシ》と同様にアタックトリガーを持つクリーチャーと組ませると効果的である。
《キリモミ・ヤマアラシ》とは文明の違いや、単純に使っても実質0コストの除去として機能するので腐りにくい点で勝る。

サイクル

DMRP-09で収録されたレア多色ツインパクトサイクル

関連カード

収録セット

参考