奇天烈(きてれつ) シャッフ》

奇天烈 シャッフ VR 水文明 (4)
クリーチャー:マジック・コマンド/グレートメカオー/侵略者 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、数字をひとつ言う。次の自分のターンのはじめまで、相手はその数字と同じコストを持つ呪文を唱えられず、同じコストを持つ相手のクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

DMR-19で登場したマジック・コマンド/グレートメカオー/侵略者

cipアタックトリガーで数字を1つ宣言し、同コストクリーチャーへのプリン効果呪文ロックを掛ける能力を持つ。

マナコストが偏っていたり、切札呪文であるデッキには滅法強くなる。
例えば6コストで固められた【ガチャンコ ガチロボ】だと、6を宣言することによって一切行動が出来なくなってしまう。
呪文だと【ヘブンズ・ゲート】デッキ相手なら、6を宣言し続ければ安全に攻めることができる。
【ヘブンズ・ゲート】等、特定の呪文がプレイできるかが重要なデッキは下手をするとこのカード一枚で完封されてしまうため、呪文以外の除去を搭載するか、除去呪文のコストをキーカードとずらしたものにするといった工夫が求められる。(【ヘブンズ・ゲート】における《生死の天秤》など。)そうすることで《奇天烈 シャッフ》側も、キーカードを防ぐか《シャッフ》に対する除去を防ぐかの二択を迫られることになる。

強力な効果ではあるが、100%の性能を引き出すには相手のデッキパターンと次の手を読みきる必要があるため、上級者向けのカードと言える。

種族も優秀であり、コマンドであるマジック・コマンドに加えグレートメカオーまで持ち合わせている。
前者なら青単侵略、後者ならメカオーデッキで活躍することが出来るだろう。
単色デッキの弱点である《調和と繁栄の罠》を切り抜ける手段ができたのは大きい。

一見スキのないカードに見えるが、スピードアタッカーS・トリガークリーチャーには宣言した数と同じコストであろうが一切無力なので気を付けよう。

ルール・裁定

  • 呪文制限に関する記述は「プレイヤーを対象にする継続的効果」であり、クリーチャー攻撃制限等に関する記述は「個々のカードを対象にする継続的効果」である。同一文章内の記述で対象が異なるのは極めて稀である。
    • DMR-19発売直後は、呪文制限に関する記述も「個々のカードを対象にする継続的効果」だという暫定回答が出されていた。つまり、《シャッフ》でコストを宣言してから所定のゾーンを離れた呪文、例えばドローして来た呪文やS・トリガーを含むブレイクされた呪文等を制限するものではなかった。従って厳密にゲーム進行すると、《シャッフ》適用後に元々あった手札と新たに加えられた手札を分けなければならなかった。

環境において

革命編環境では【天門ループ】【超次元デッドゾーン】への対策として広く使われた。

革命ファイナル環境では【ドレミ団】タッチした【赤黒ドギラゴン剣】を中心に使用された。

双極篇環境では【赤青ドギラゴン剣】【白青赤ドギラゴン剣】での採用が中心で、【青単ムートピア速攻】対策として役に立ち、ウィニーをまとめて足止めするための要因としても重宝された。

超天篇環境でも【青黒緑デッドダムド】などで活躍しているが、この頃になると足止めされたクリーチャーを効果のかかっていないクリーチャーに変換する《BAKUOOON・ミッツァイル》が環境を席巻するなど絶対的な足止め手段ではなくなった。また、《凶鬼卍号 メラヴォルガル》によるブレイクプリン効果をある程度ケアできる上に呪文ロックが無効になる機構が存在する【新世壊ガ・リュミーズ】など、このカードが腐る対面も目立っていった。それでも、デッキの回転を上げることを優先してS・トリガー等のカウンター札を4枚程度に抑える構築が珍しくない中、これ1枚で安全に詰めることができる場面も増えている。

その他

  • 動画の撮影卓でプレイヤーの声が収録されない場合、動画の視聴者に対する配慮としてサイコロを使って宣言した数字を伝えるのも1つの手法である。競技イベント運営ルールの2.13「ゲームで使用できるもの」ではサイコロをカウンターとして使用することは認められないが、デュエマフェスなどの娯楽性の高い大会の場合は使用されることもある。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-19
    別に1以外を選んでもいいんですよ? ---奇天烈 シャッフ
  • DMBD-10
    革命軍との最終決戦へ向けて、侵略者を強化する為に開発されたかに思われていたS級ウイルス。だが、その実態はレッドゾーンデッドゾーンとして復活させ、最終的に禁断を支配できる存在、「天災」の侵略者を生み出すことにあった。

収録セット

参考