奇天烈(きてれつ)X(エックス) グランドダイス》

奇天烈X グランドダイス VR 水文明 (8)
クリーチャー:マジック・コマンド/グレートメカオー/イニシャルズ 8000+
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードのコストが奇数なら、カードを5枚引く。
自分がゲームに負ける時、または相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードのコストが奇数なら、カードを5枚引く。偶数なら、自分はゲームに負ける。
自分の手札が10枚以上なら、このクリーチャーはパワー+10000と「Q・ブレイカー」を得、ブロックされない。

DMR-22で登場したマジック・コマンド/グレートメカオー/イニシャルズ

cip敗北回避能力によって自分の山札の上のカードを見、それが奇数ならカードを5枚引ける。さらに自分の手札を10枚以上にすることでパワー18000のブロックされないQ・ブレイカーとなる。

文明ドローが得意であるため、事前に溜めた手札+cipドローで10枚を超えるのは容易だろう。パワーが貧弱になりがちな文明の中で、これだけのパワーと打点を得られるのはそこそこの強みである。

このクリーチャー自身のコストが偶数なのが惜しいが、デッキカードをできるだけ奇数に統一する事で、2つの能力をほぼ確実に発動させられる。「奇天烈」の名を持つマジック・コマンドでは珍しく自分の山札を参照する点から、それらの中でも使いやすい方であると言える。

グレートメカオーである点もかなり優秀で、《救急機装レスキュー・スペース》でのコスト軽減《キャプテン・スーパーレスキュー》でのセイバーはもちろん、《時空の司令 コンボイ・トレーラー》によるコスト踏み倒しからのスピードアタッカーで殴りこむ事ができる。
さらに、手札が10枚以下の状態でも《合身秘伝メカ・マシーン》《奇術ロボ・ジェントルマン》があれば攻撃中に手札を増やしQ・ブレイクを決めることも可能。(後者の処理はブレイク数確定前に行うため問題なく条件を満たせる。当然ブロックされないを付与するには遅い)

注意しなければならないのはライブラリアウト。どちらの能力強制で、奇数が当たった場合は必ず5枚のカードを引かなければならない。
敗北回避能力とはいえど、山札がなくなれば表向きにするカードがなく置換効果を発動することができないため、いずれにせよ相手のダイレクトアタック等はできる限り避けなければならない。使えるとしても1〜2回と考え、過信は避けた方が良い。

ピンチの時に手札が大量に増えるので、各種ニンジャ・ストライクとも相性が良い。
特に優秀な性能を誇る防御札の《威牙の幻ハンゾウ》《光牙忍ハヤブサマル》《光牙王機ゼロカゲ》はともにコストが奇数なので能力の邪魔をせずに投入できる。

また《天災超邪 クロスファイア 2nd》とも相性がいい。
cipによってカードを5枚引くことができれば、最初のドローと含めてターン中に6枚以上カードを引いたことになるのでG・ゼロで出せる。

  • 同じ「手札が10枚以上」という条件を持つ《偽りの名 iFormulaX》と比べると、条件を満たした場合の効果としてエクストラウィンの方が強力なのは言うまでもないが、こちらはドロー能力で自ら条件を満たせる上、わざわざターンの終わりにタップさせている必要があるというシビアさもない。一応、同じグレートメカオーではあるので、両者を組み合わせていいとこ取りしても良いだろう。
  • 《爆笑必至 じーさん》の「負けそうな時」の能力を使って山札の一番上から3枚を見て、その後《じーさん》の効果で発生する敗北を置換することで実質好きなタイミングで5枚ドローが可能。
    ただし、見た3枚の順は並べ替えられないので、見た瞬間にデッキトップが偶数だった場合はそのまま敗北が確定する。
  • コストのないカードコスト0、つまり偶数として扱われ、無限大も偶数として扱われる。このため、山札の上表向きにしたが奇数か偶数かを参照できず、敗北を置換だけしてドローも敗北もしないということは起こりえない。
  • 反則・非紳士的行為・投了については敗北置換は適用されない。
    前述の《じーさん》による「負けそうな時」の能力とのコンボはあくまで《じーさん》の能力による負けであるため併用が可能。

効果の裁定について

  • 2016/9/17の事務局回答では、暫定回答だが《ガイアール・ゼロ》などと違って置換効果の範囲はテキストに従い「自分の山札の上から1枚目を表向きにする。」までとなっている。しかしこの場合、偶数を引いても「自分はゲームに負ける」の部分をさらに強制で置換することになり、山札の上はずっと同じカードのままなので能力ループしてしまい、ゲームの続行が不可能になる。早い話がこのクリーチャー能力処理の結果は敗北回避かループで仕切り直しかのいずれかとなり、自分は絶対ゲームに敗北しない事になってしまう。
  • 一方、公式サイトのQ&Aでは、最後の「自分はゲームに負ける。」は置換できない等、全文が置換効果であるかのように書かれており、矛盾している。一応こちらの方がよりゲーム性を損なわない裁定と言える。
  • ちなみに、全文が置換効果の場合のテキスト表記を厳密にすると以下のようになる。一文がいたずらに長くなり、本来の意味すら分かりづらくなってしまっているのがお分かりだろう。
    自分がゲームに負ける時、または相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の山札の上から1枚目を表向きにし、そのカードのコストが奇数なら、カードを5枚引き、偶数なら、自分はゲームに負ける。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-05 (水) 15:07:07