希望(きぼう)親衛隊(しんえいたい)ファンク》

希望の親衛隊ファンク UC 闇文明 (5)
クリーチャー:ダークロード/ハンター/エイリアン 5000
バトルゾーンにある相手のサイキック・クリーチャーすべてのパワーは-5000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
バトルゾーンにある相手のサイキック以外のクリーチャーすべてのパワーは-1000される。

DMR-05で登場したダークロード/ハンター/エイリアン

相手のサイキック以外のクリーチャー全体に1000のパワー低下をかけ、さらにサイキック・クリーチャーであれば5000もの数値を下げる。

覚醒前のサイキック・クリーチャーのほとんどはこれだけで除去でき、覚醒後でも《巨人の覚醒者セツダン》《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》除去できる。
サイキック以外のクリーチャーでも-1000されるため、例え相手のデッキがサイキックを使わない場合でも最低限の仕事は出来るため、非常に強力なクリーチャーである。2体並べば【速攻】や超次元依存のビート、コントロールに壊滅的な被害を与えられるだろう。

《ローズ・キャッスル》が示すように、全体にパワー-1000というだけでもウイニーを根絶やしにできるのでスペックとしては良好である。ただし、対応の速さで言えば《ローズ・キャッスル》の方が上なので、時には使い分けが大切。

コストが5と若干重めなので【速攻】には後手に回るのが欠点。また、このコスト域になってくるとパワーが5000を上回るサイキック・クリーチャーも出てくるため、過信は禁物。下がったパワーを利用して火力で焼くなど、一工夫加えておくといいだろう。《ローズ・キャッスル》《カビパン男》と組み合わせて範囲をさらに広げるのも良い。

エピソード2環境では【白黒オール・イエス】を中心として多くのデッキで採用されて様々なデッキに刺さり、特に【ギフトカモン】はこのカードを使われると大ダメージを受けた。
ドラゴン・サーガ環境になると超次元の選択肢にドラグハートが追加されたため向かい風が吹いたが、それでも環境にウィニー中心のデッキが少なくなく、【黒緑速攻】シューゲイザーコントロールに有効であった。
革命編環境以降は環境の高速化により下手すればこれを出す前にフィニッシュされることも珍しくなくなり、【黒単ヘルボロフ】【ドロマー超次元】など色が合えば採用という程度に落ち着いた。

  • 《希望の守り手ファンク》とは同一人物だが、使用率は圧倒的にこちらの方が高い。「親衛隊になって本気を出した」などと言われることも。

サイクル

DMR-05サイキック・クリーチャーメタサイクル。メインの能力の他にも何かしら能力を持っている。

DMR-05の「親衛隊」サイクル
《希望の親衛隊ファンク》のみアンコモンである。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考