機動基盤(きどうきばん) コア・キャリバー/エレクトロ・シャワー》

機動基盤 コア・キャリバー VR 水文明 (3)
クリーチャー:トリックス/デリートロン 3000
自分の呪文を唱えた時、またはオーラを使った時、カードを1枚引いてもよい。
エレクトロ・シャワー VR 自然文明 (4)
呪文
自分の山札の上から2枚を、タップして自分のマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。

DMRP-10で登場した/自然トリックス/デリートロンツインパクト

クリーチャー面は《歩く賄賂 コバンザ》上位互換。パワーが2000上回る上に置きドロー能力が「引いてもよい」の任意効果になり、オーラプレイにも反応するようになった。カードとしては多色なので【青単ムートピア速攻】に入れるなら一工夫必要だが、【青緑ムートピア】ならタップインがかなり重いものの採用候補に上がるかもしれない。

呪文面はクリーチャーがなくなった代わりに1少なくなり1コスト軽くなった《飛散する斧 プロメテウス》。多くの状況で、1少なくなった上にマナゾーンにあるなら好きなカードを回収できる《フェアリー・シャワー》のような使い勝手を発揮することができる。

【ゴクガサイクル】で考えると一見タップインによるマナブーストなのでソリティアに向かないようだが、その実《次元の嵐 スコーラー》によるエクストラターンを利用してマナアンタップすればそのハンデも克服することができる。ただし、カードして多色なのでマナタップインがソリティアの障害になる【ゴクガサイクル】では2枚投入が限度か。

青緑カードなので【デュエランドエクストラウィン】にも適している。そちらのデッキは《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》もあるため基本的に息切れしづらいが、シノビマッドネスを溜め込んでカウンター戦術取るにはこうした置きドローも重要。

  • 《歩く賄賂 コバンザ》とは誘発に関するテキストが異なる。
    あちらが『自分「が」呪文を唱えた』時とプレイヤーを指定しているのに対し、こちらは『自分「の」呪文を唱えた』時に誘発する能力であり、対象の制限がない。
    また前述のように、ドロー効果そのものも強制から任意に変わっている。
    • 《サイバー・K・ウォズレック》等で「相手の呪文カードを自分が唱えた」場合、《コア・キャリバー》の効果は誘発しない。
      逆に相手プレイヤーのカードによって「自分(《コア・キャリバー》のコントローラー)の呪文を相手が唱えた」場合、カウンターのようにドロー効果が誘発するため、墓地利用に対するメタにもなりうる。
      特に軽量呪文を多用する【青単ムートピア速攻】同士のミラーマッチなどで起こりうる状況であるため、困ったときは必ずジャッジの裁定を仰ごう。
      • 強制ドローだと場合によっては相手のカードによって強制的にライブラリアウトしかねないため、任意効果に変わったのは嬉しい点である。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-10
    多くのデータを集めるため、水中でも活動できる人型チップが作られた。

収録セット

参考