偽りの名(コードネーム) イーサン》

偽りの名 イーサン R 光/火文明 (7)
クリーチャー:アンノウン 7500
ブロッカー
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT−バトルゾーンにクリーチャーが6体以上あれば、それらをすべて破壊する。
W・ブレイカー

DMX-06で登場した/アンノウン

タップ能力《アポカリプス・デイ》を放てるブロッカー

全体除去を撃てるのは強力だが、タップ能力というタイムラグがあるため思いのほか使いづらい。まとめて除去するだけならより軽く即効性のある《アポカリプス・デイ》で十分である。

《アポカリプス・デイ》との差別点はマナを使わずに能力起動できる事や、自身も数に含められる事にある。《フラッシュ・アーマー》で安全に全体除去を放ったり、《崩壊と灼熱の牙》マナシールド墓地送りにするなどの豪快な動きが可能となる。このように呪文全体除去を豪快に組み合わせ、アドバンテージを取る【イーサンコントロール】というデッキタイプも存在する。

ブロッカーW・ブレイカーを持っているので攻防の両面にも使えるが、余計な事はせず能力発動に焦点を絞りたい。進化ではないブロッカーなので《ヘブンズ・ゲート》《超次元マザー・ホール》で踏み倒せるが、除去耐性を持たないので《爆竜 GENJI・XX》《超次元シューティング・ホール》などに弱い。能力を発動する前に除去されないような工夫がいるだろう。

除去されやすく、能力も使いにくい事からデッキパーツとしての評価はそれほど高くない。
しかし、傲慢なフレーバーテキストとかみ合わないネタカードだと思って放置していると《アポカリプス・デイ》をかまされてバトルゾーンを一掃されてしまうので、厄介なクリーチャーではある。

  • DMX-12再録された際、コロコロコミックで絶賛連載中の漫画「でんぢゃらすじーさん邪」の主役であるじーさんイーサンのコスプレをしているという衝撃的なカードイラストで登場した。もちろん「イーサン」「じーさん」の駄洒落である。《偽りの名 ジーサン》といったところであろうか。ジョークエキスパンションでもあるブラック・ボックス・パックならではのお遊びだろう。
    ちなみにこの《イーサン》、デュエマのルールを知る為じーさん食パンと一緒に物理的に食べられてしまっているどこかのひみつ道具勝太談)のような扱いである。
  • このDMX-12版のカードイラストは非常に奇抜なものであり、右側の吹き出しの中には「私生活しづらっっ!!」という台詞がデカデカと書かれている。デュエル・マスターズクリーチャーは派手な外見をしたものが多いため、ある意味的を射た意見だろう。また、右下に写っているのは、じーさんの友達で画面に半分しか写らない「半・分太」。
    ちなみに、フレーバーテキストで突っ込みを入れている「まご(孫)」の声優はX(キサナドゥ)役の恒松あゆみ氏が担当している。
  • 名前の元ネタは映画「ミッション:インポッシブル」に出てくるスパイ「イーサン・ハント」からだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考