偽りの名(コードネーム) 13(サーティーン)種族選別(パンドラ・インパクト)

偽りの名 13 P 自然文明 (10)
クリーチャー:アンノウン 24000
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
種族選別 P 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から3枚を表向きにし、その中から異なる種族を持つクリーチャーを好きな数選ぶ。それらを手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

DMEX-04で登場した自然アンノウンツインパクト

軽量手札補充と大型切り札が一体化し、これまた使いやすいカードとなっている。

呪文面ではつい大量手札補充を狙いたくなるが、捲れた種族が1種しか無くても《サブマリン・プロジェクト》《剣参ノ裁キ》のように使えるのでコスト論的な損はまず生じない。
同じく3コストで最大3枚の手札補充が可能なカードには《野生設計図》《コアクアンのおつかい》が存在する。これらと比較すると、このカード自体がめくれても手札に加えることができ連鎖的に手札補充を続けられる点が優秀。

最大限に活かすにはクリーチャー主体の構築で種族をある程度バラけさせる必要がある。ツインパクトを採用すれば無理なくクリーチャー比率を高められるだろう。同じ弾で《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》を始めとして優秀なツインパクトが多数登場しているのも嬉しい所。

水文明の代わりにこのカード手札補充として採用することでデッキ中の自然文明比率を高められるので、《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》《霞み妖精ジャスミン》などの序盤に使いたいマナ加速の安定性を上げることができる。【ターボゼニス】のようなデッキタイプで採用が考えられるかもしれない。

クリーチャー面もクリーチャー面でオリジナル版が登場した頃の環境とは異なりこのカードの登場時点の環境ではささやかながら利点がある。といっても、cipがないことで《黒豆だんしゃく》によるロックに引っかからないという限定的なものだが。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.《種族選別》を唱えて山札の上から3枚を表向きにしたら、ドラゴンギルド/メタリカドラゴンギルド/ムートピアドラゴンギルド/ビートジョッキーでした。これら3つは同じ種族を持っていますが、異なる種族も持っています。何枚手札に加えることができますか?
A.それらのカードの間で 同じ種族を持っていたとしても、異なる種族が混ざっていれば別にカウント可能です。この場合すべてを手札に加えることができます。