偽りの名(コードネーム) 13(サーティーン)

偽りの名 13 R 自然文明 (10)
クリーチャー:アンノウン 24000
ワールド・ブレイカー

DMR-04で登場した自然アンノウン

ファッティの代表格である《緑神龍ディルガベジーダ》を超える規格外の存在である。

10マナと非常に重いが、パワーは24000もあり非常に大きい。覚醒したサイキック・クリーチャー覚醒リンクしたサイキック・スーパー・クリーチャーG・リンクしたゴッドをはじめ、多くのフィニッシャーを殴り倒せる。T・ブレイカーの基準がパワー12000であることを考えると、バトルではほぼ無敵だろう。

だが最大のセールスポイントは、単体でワールド・ブレイカーを持ち、コスト踏み倒しが可能というところだろう。何らかの手段で早期に出すことができれば、一気に相手のシールドブレイクし、1ショットキルに持ち込める。

比較対象としては《緑神龍ディルガベジーダ》《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》《THE FINAL カイザー》あたりか。
このシンプルさと豪快さから、かつての強豪に割り込んでいけるほどの力を持つ。

欠点は、ワールド・ブレイカー以外の能力を持たないこと。チャンプブロック《光牙忍ハヤブサマル》ブロックで簡単に凌がれてしまうため、相手のデッキによっては大して活躍できないこともある。

普通に召喚するならば、各種ゼニス《邪帝類五龍目 ドミティウス》などの方が得られるアドバンテージは大きいので、やはりコスト踏み倒しを狙うべきだろう。

  • 名前の元ネタはさいとう・たかを氏作の漫画『ゴルゴ13』及びその作品の登場人物だろう。ただし、ゴルゴ13はスパイではなく暗殺者である。もしくは単に忌み数として13が選ばれた可能性もある(が、「ゴルゴ13」も元をたどれば不吉な数字としての13に行きつく。)

フレーバーテキスト

  • DMR-04
    無様な失態、所詮ゾルゲはその程度だったのだ。計画にないシナリオではあるが、パンドラ・スペースに星を落とし、爆破する作戦を実行する。――偽りの名 13
  • DMX-18
    何を考えているかわからないサソリスだが、大事にしていることがふたつある。ひとつは、力。そしてもうひとつはドングリ。
  • DMSP-01
    マナを増やしつつ、パワー12000以上のクリーチャーを使いまくるのがグランセクトの基本戦略だ!デッキを組む時は、クリーチャーのパワーに注目!

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-04 (金) 00:07:23