逆転(ぎゃくてん)のオーロラ》

逆転のオーロラ R 自然文明 (5)
呪文
自分のシールドを好きな数、自分のマナゾーンに置く。

DM-03で登場した、自然らしからぬスーサイド的側面を持ち合わせる豪快なマナブースト呪文

「好きな枚数」なのでちまちま数枚をマナゾーンに置くことも可能だが、それではわざわざこの呪文を唱える意味は薄い。
様々なコンボに組み込んで豪快な動きをすることこそ、このカードの真価と言える。

このカードの突飛なブースト性能は魅力なのだが、自身が5マナと重めなのは厳しい。
コスト軽減シールド追加マナアンタップでも行わない限り、基本的にそのターン内では使えるマナが増えることは無い所が難しく、かと言って5マナたまっている時点で更なる高リスクのマナブーストが欲しいかと言われると、カードプールが少ない初期の段階では疑問の余地が多かった。
その後、《母なる大地》の登場から、マナゾーンカードの枚数を参照する呪文の系統が登場するようになり、以前よりは使い勝手が増したと言える。
しかし、やはり安全面を考えると、その他山札からのブースト呪文よりも汎用性は乏しい。現在使える「母なる〜」も《母なる星域》のみである。

以上より、使用の際には以下のいずれかの点を満たす必要があると言える。

  1. 1ショットキルを決める。
  2. 返しの相手ターンの反撃手段を確実に奪う。
  3. エクストラターンを得る。
  4. シールドにあるコンボパーツをマナゾーンに送りたい。

1番目の戦略で考えられるのは、目下一番で有名な《憎悪と怒りの獄門》とのコンボ《ラブ・エルフィン》等でコストを軽減させれば、即死コンボを決める事も可能。
ただし、S・トリガーを許す、マナゾーンに移動するシールド内の文明多色タップインに依存する点など、不安定さが残る。

ここはやはり《デビル・ドレーン》同様、シールド0枚でこそ効力を発揮するクラッチのような戦術に組み込みたいところ。
あちらは手札が増えるため、《光姫聖霊ガブリエラ》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》G・ゼロからの《巡霊者ウェビウス》G・ゼロに繋げやすく、そこからの展開が考えられる。
一方、こちらはマナブーストになるため、先述の《母なる星域》からの展開が考えられる。→【オーロラマリッジ】

また、革命の登場により注目された。これ1枚でシールドを自ら好きなだけ削ってマナを伸ばし、簡単に革命を扱える。革命0を持つ《燃える革命 ドギラゴン》とは特に相性がいい。

  • 後にツインパクト化され《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》になった。それによりこちらの出番は無くなると思われたのだが、あちらはクリーチャー側の面を優先して使う場面が多く、呪文面と合わせてフル活用するには4枚積みでは足りなくなっている。そのため、5枚目以降としてこちらも投入されている。
    • ツインパクト化されると以前の面はお払い箱になる物が多い中、それによって逆に使用機会が増えたという珍しい1枚である。
  • 長い間絶版となっていたが、DMX-12でついに再録。だが上下逆に印刷されているという衝撃の仕様になっている。これは名前に「逆」が含まれているためであり、《神々の逆流》なども同じ仕様になっている。DMX-12のジョークエキスパンションとしての側面が垣間見えるカードである。使用の際には裏面のロゴが見えないスリーブの場合は上下逆にしても構わないが、見えてしまうスリーブの場合には他のカードと判別できないようイラスト面を上下逆にしなければならない。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考