究極銀河(きゅうきょくぎんが)ユニバース》

究極銀河ユニバース SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 17000
進化−自分のフェニックス1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そのカードが最後の1枚でフェニックスならば、自分はゲームに勝利する。
T・ブレイカー

DM-22で登場した進化フェニックス

フェニックスから進化する超大型進化クリーチャー

エクストラウィンを得る能力を持った初のカードである。
わずか5コストにしてパワー17000のT・ブレイカーという規格外の戦闘能力も併せ持つ。

このクリーチャー攻撃する時に進化元墓地に落とし、それが最後の1枚でフェニックスならば問答無用で勝利することができる。

しかし、普通に条件を満たすのはやはり難しい。進化元であるフェニックスはほとんどが進化V進化GVであり、そもそも進化元の調達に苦労する。

また、普通にフェニックスから進化したのでは《ユニバース》の下のカードが多すぎて、進化元メテオバーンで使い切る前に除去されたり、エクストラウィン条件を満たすまでもなく普通に殴り勝ってしまったりする。

メテオバーンを何度か撃って進化元を消費した状態のフェニックス進化させることを想定したデザインなのだろうが、正直そのような使い方は非効率的である。やはり、一度にまとめて進化元を捨てるか、少ない進化元バトルゾーンに出す方法を考えたい。

派手で豪快なスペックの持ち主なので、このカードを使ったデッキを組んでみるのも一興だろう。

ルール

デッキ・カードとの相性

エクストラウィンの魅力から、条件を満たすことに特化した様々な【ユニバースエクストラウィン】が考案された。登場してからしばらくは、どうしてもエクストラウィンで勝つために、《ザ・ユニバース・ゲート》を組み込んで「進化元を使い切るまでの時間を稼ぐ」タイプや、フェニックスに頼らず《無垢の宝剣》などで「種族の縛りを無視して進化させる」タイプ、《リバース・トーン》等を駆使して「進化元を抜き取る」タイプのデッキがそれぞれ考案された。

のちに登場した《DEATH・ドラゲリオン》は一回のメテオバーン進化元を全て墓地に送りつつ全体除去ができるため、非常に相性が良い。→【カイザーフェニックス(ユニバースエクストラウィン)】

また、革命編では自分の進化フェニックス召喚をサポートする《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》が登場。自分のフェニックス召喚する時に墓地クリーチャー進化元にとれるので、墓地フェニックス1枚から進化させて殴れば、その時点で勝利が決まる。

他にも《コマンダー・イノセント》《メガ・イノセントソード》《母なる星域》など、相性の良いカードがいくつか存在する。初登場のDM-22当時と比べて、専用デッキの構築はかなり楽になったと言える。

その他

  • 実際のカードイラストでは本体前方に不自然な発光部分が存在する。これは初期段階のイラストにおいて描かれていた進化マークの発光の消し損ねである。元々のイラストでは、体内の宇宙部分に飛び込む3つと、本体前方に浮かぶ二重の輪をもった1つの、合計4つの進化マークが存在していた。これと同じ意匠でカード化されているものに《超神星イクシオン・バーニングレイブ》がある。
  • イラストの拡大図を見ると、正面には女神像のような物体が描かれており、メカ・デル・ソルを想起させる。
  • ユニバース(Universe)とは宇宙のこと。勝利条件を変えてしまう強大な力にふさわしいネーミングだろう。またカードファイルvol.9には「その体内に宇宙を持つ『究極銀河』は説明不要の強さ!!」と書かれている。どうやら文字通り宇宙そのもののようだ。

フレーバーテキスト

収録セット

参考