凶鬼(きょうき)23(ごう) アラクレ》

凶鬼23号 アラクレ UC 闇文明 (3)
NEOクリーチャー:マフィ・ギャング 3000
NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いても良い。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。

DMRP-04裁で登場したNEOクリーチャーマフィ・ギャング

キズナプラス山札からの3枚墓地肥やしと1体クリーチャー回収ができる。

墓地肥やしの枚数とクリーチャーの回収という点では《白骨の守護者ホネンビー》能力が似通っている。《白骨の守護者ホネンビー》と異なり攻撃は出来るがブロッカーは持たず、能力は強制でこちらの方が若干小回りの利かないデザインとなっている。

攻撃可能なコスト3のクリーチャーということで《不死 ゾンビーバー》との相性は最高。《戦略のD・H アツト》などからこのクリーチャーに進化させて侵略すれば《戦略のD・H アツト》のところから合わせて10枚墓地を肥やせる上に1枚墓地回収ができる。
《不死 ゾンビーバー》に侵略させる際には《異端流し オニカマス》が一見邪魔になるが、結局は《暴走龍 5000GT》を早出しできればいいので除去は甘んじて受けてしまおう。それ以外のコスト踏み倒しメタなら《爆撃男》を墓地に送って溶かせば良いだろう。
これに加えて《一なる部隊 イワシン》を絡めると4ターン目に《暴走龍 5000GT》を1コストで出せるようになるということなども非現実的ではない。

これまでに機構が確立されていた【墓地ソース】《不死 ゾンビーバー》と共に出張させるだけでも極めて強力であり、デッキキズナプラスで固める必要もないほどである。

だが、実際の環境では使用されていない。単に進化を絡めて闇のクリーチャーで墓地肥やししたいなら打点に優れた上位種的存在の《夢幻騎士 ダースレイン》があるのが痛い。あちらですら革命編環境最初期に【ダースレインビート】に使われるにとどまったので、あちらの下位種であるこちらはやはりカードパワー的に若干侘しいものがあると言える。

関連カード

収録セット

参考