凶骨(きょうこつ)邪将(じゃしょう)クエイクス》

凶骨の邪将クエイクス VR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他の闇のクリーチャー1体につき相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
W・ブレイカー

DM-04で登場したデーモン・コマンド
cipで他の味方クリーチャーの数だけハンデスできる。

単体で出すとただのW・ブレイカーだが、味方のクリーチャーが並んでいる状況ならハンデスを撃てる。

7マナ圏のハンデスならば《ロスト・ソウル》《ガンヴィート・ブラスター》が存在するのでスロットはなかなか厳しい。こちらの利点としてはバトルゾーンW・ブレイカーを残ることだろう。相手の選択肢を奪いながら打点を増やしていけると考えればそこそこ強力。

コスト軽減《電脳封魔マクスヴァル》《一撃奪取 ブラッドレイン》とは相性がいい。多く並べれば並べるほどコストが減り、捨てさせられる手札の枚数が増える。
を含む多色では《腐敗無頼トリプルマウス》もしくは《聖黒獣アシュライガー》を使えば次ターンで綺麗に繋げる事ができ、捨てさせられる手札の枚数も増やせる。

そこから全体除去《革命魔王 キラー・ザ・キル》などに繋げると、を使わない相手には苦しいだろう。

ただし、同コストで3枚までピーピングハンデスが可能な《悪魔龍 ダークマスターズ》が存在している現状、カードパワーの見劣りは否めない。

他には《復讐のバイス・カイザーZ》《偽りの星夜 オレオレ・ダークネス》がいる。前者は相手の墓地呪文の数だけコスト軽減され、cip《拷問ロスト・マインド》を撃てる。後者はcipで自分のコマンドの数だけハンデスが可能。

それぞれ性能の違いがあるものの、昔を懐かしむためのファンデッキ寄りなデッキに入れてやるといいだろう。

関連カード

収録セット

参考