恐気(きょうき)覚醒者(かくせいしゃ)ランブル・レクター》

恐気の覚醒者ランブル・レクター SR 闇文明 (14)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド 15000
E・ソウル
このクリーチャーがバトルする時、バトルするかわりにその相手クリーチャーを破壊する。
T・ブレイカー
解除
覚醒前⇒《時空の賢者ランブル》

DM-36で登場したE・ソウル持ちのサイキックデーモン・コマンド

エキスパンションの14コストサイキック・クリーチャーサイクル担当。
《時空の賢者ランブル》覚醒した姿。

パワー15000のT・ブレイカー解除持ちと、フィニッシャーとして申し分ない基本スペックを誇る。

更に、バトルする時に、代わりにそのクリーチャー破壊する能力を持つ。バトルに持ち込みさえすればどんなクリーチャーでも破壊できるため、非常に強力な能力と言える。

一見すると《エンドブリンガー・ドラグーン》に似ているが、最大の特徴は置換効果である事。そのため、シールド・フォース状態の《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》をも破壊することが可能であり、さらに解除を持ったサイキック・クリーチャーも超次元ゾーンに強制送還してしまう。

バトル自体が行われないため相手が《無敵城 シルヴァー・グローリー》を建てていても、《太陽の精霊マルシアス》でもこちらが優先される。
つまりクリーチャー同士の直接対決ではほぼ無敵であり、様々な面で非常に強力な能力と言えるだろう。

覚醒条件は《シークレット・クロックタワー》《ライフプラン・チャージャー》の他、同弾のキーワード能力にある返霊を使うことで解消することもできる。そういった意味ではこのクリーチャーを入れたデッキであれば返霊持ちクリーチャーはとても活躍してくれるだろう。

一方で除去には弱い。解除持ちなので1回は耐えることができるが、安定して覚醒させるには山札の下の仕込みが必要なので、再度の覚醒には手間取ってしまう。

覚醒前は《希望の親衛隊ファンク》一発で処理されてしまうのも向かい風であり、覚醒編環境に比べると使用率はかなり下がってきている。

もちろんこのクリーチャーが強力なことには変わりはないため、相性のいいデッキでは採用する価値は十分あるだろう。


能力のルール

  • 自分と相手の《恐気の覚醒者ランブル・レクター》同士がバトルする時、アクティブ・プレイヤーの《恐気の覚醒者ランブル・レクター》が場に残り、対戦相手の《恐気の覚醒者ランブル・レクター》が破壊される。

その他

  • 単に「ランブル」と言った場合《“乱振”舞神 G・W・D》(此方も「ランブル」と読む)を指してしまう事があるので、混同に注意。尤も、彼方を採用するデッキでこのカードは採用しないし、その逆も然りであるが。

サイクル

DM-36スーパーレアサイキック・クリーチャーサイクル。
それぞれ覚醒条件が異なり、覚醒後は全てのクリーチャーが解除を持つ。

フレーバーテキスト

収録セット

参考