驚天の超人(アメージング・ジャイアント)

驚天の超人 SR 自然文明 (8)
クリーチャー:ジャイアント 13000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、相手は自分自身の手札からクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

DM-09で登場したジャイアント

8マナパワー13000のT・ブレイカーとだけ聞けばただのファッティだが、相手にクリーチャー2体のコスト踏み倒しを許すという凄まじいデメリットを持つ。

《緑神龍ガミラタール》マナコストパワーブレイク数、そして何よりデメリットの点でそれぞれ拡大したようなクリーチャー
そちらのデメリットでもかなりきついものがあるが、このクリーチャーはその2倍。フィニッシャーさえも呼んでしまう可能性が倍増し、出すだけで敗北を招きかねない。

場に進化元がなくとも進化クリーチャーが出せる上、コンボ進化VG・リンクなどの下準備を進めさせてしまうなど、非常に危険。このクリーチャーを出せる頃には、相手も大型を出す準備をしていることが考えられるので、あらかじめハンデスなどで対策しておきたい。

またデメリットの存在のために、除去されてしまった場合に安易にはバトルゾーンに出し直せないため、除去耐性も極めて低いと言える。

あえて使うのであれば、後述する《単騎連射 マグナム》との好相性を踏まえたファンデッキを組むことになるだろう。
除去札を排除したり、《父なる大地》などで相手に悪用されたりするのを防ぐ意味でも、やはりハンデスは必須となる。

後年、これに匹敵するサイズでデメリットを全く持たないクリーチャーは多く登場しており、多色も考慮すればメリットを持つものすらある。

  • 名前の「驚天」は「天をも驚かす」、「アメージング(amazing)」は「驚嘆させるような」という意味である。確かに凄まじいデメリットを持つこのクリーチャーが出てくれば相手は驚くだろう。

フレーバーテキスト

  • DM-09
    伸ばした腕は国をも超え、遥か彼方の龍を撃つ!

収録セット

参考