(きわ)まる侵略(しんりゃく) G(ジー).O(オー).D(ディー).》

極まる侵略 G.O.D. LEG 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 15500
進化−自分の光のコスト9のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−光のコスト9の進化クリーチャー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト9のクリーチャーを9体まで、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-19で登場した進化エンジェル・コマンド/侵略者

cipコスト9のクリーチャー手札及びマナゾーンから9体まで踏み倒すことのできる能力を持つ。

その豪快な踏み倒し能力で最高81コスト分という《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》にも匹敵する踏み倒しが可能。また《G.O.D.》自身も出せるため余裕があればさらに踏み倒すこともできる。
その分進化元と侵略元の条件は厳しく、前者はコスト9のクリーチャーであることが条件。DMD-28の登場により、早期に出せるコスト9のクリーチャーはかなり充実したとはいえどこのクリーチャーコストが9と重い為、素で出すのにはかなりの時間がかかる。
踏み倒しはマナゾーンからもできるので自然を入れてマナブーストに特化してもいいだろう。

侵略条件はコスト9の進化クリーチャー。現時点でこの条件に該当するクリーチャーは6体とかなり少ない。
この中でも候補になりえるカード《超九極 チュートピア》《超七極 Gio》
前者も侵略持ちであり除去耐性による場持ちの良さが魅力的。ただし、進化前も侵略しなければ出すことが難しい為、一度攻撃しなければならないのがネック。また除去耐性コスト9の手札1枚と引き換えであるため手札のこのカードや踏み倒し対象を消費してしまう。
後者は《G.O.D.》と同時に登場したカード。コスト9と重いクリーチャーではあるが自身の手札のコスト9のクリーチャーの数だけコストを軽減できる為出しやすい。その上出すまでに攻撃する必要がなく安全に《G.O.D.》に侵略できる。ただし、ハンデスなど手札の状態によっては安定しない点には注意。

踏み倒し候補としては攻撃中に踏み倒すことになる為、殴り返しでなければS・トリガー呪文を封印できる《偽りの王 ナンバーナイン》は筆頭候補となるだろう。
次点で脅威的な除去耐性を持ち、自分の光のシールドをS・トリガー化する《獅子頂龍 ライオネル》か。
自身以外のエンジェル・コマンドに除去耐性を持たせる《真実の聖霊王 レオ・ザ・スター》を2体踏み倒すのもよい。

  • 《超九極 チュートピア》がいるとマナゾーンからの踏み倒しができなくなる為注意。《チュートピア》の上に置けば効果は受けない上、《G.O.D.》で踏み倒す際も最後に出せば能力にひっかかることはない。
  • 歴代のトップレアと同じくシークレットカードが存在する。全てアルトアートであり、SD体型にデフォルメされたもの、全身が金色に輝いているもの、SD体型にデフォルメされていて且つ全身が金色に輝いているものの3種類がある。
    通常版と通常金色版を描いたのはkawasumi氏だが、SD版2種を描いたのは500siki氏。

関連カード

収録セット

参考