極頂秘伝(きょくちょうひでん)ゼニス・シンフォニー》

極頂秘伝ゼニス・シンフォニー 秘 無色 (9)
呪文
アタック・チャンス−アンノウン
自分のアンノウンとゼニスを種族に持つクリーチャーを1体、コストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、そのクリーチャーをバトルゾーンから自分の手札に戻す。

DMR-06で登場した無色アタック・チャンス呪文

初の無色呪文であり、「アタック・チャンスアンノウン」と、アンノウンかつゼニス1体をコストを支払わずに召喚する能力を持つ。ただし、このようにして召喚したクリーチャーターンの終わりに手札に戻る。

テキストに「バトルゾーンに出す」ではなく「召喚する」とあるので、《「智」の頂 レディオ・ローゼス》《「祝」の頂 ウェディング》といったゼニスの持つ召喚時限定の強力なcip能力は誘発する。

コスト9と重く、またアタック・チャンス元のアンノウン重いため始動は遅いが、手札にある複数のこのカードを一回の攻撃で一度に使用できるのは、大きなメリットと言えるだろう。

この呪文を最大限に生かすならば、横に《メッサダンジリ・ドラゴン》を立てておくか、アンノウンで唯一のスピードアタッカーである《偽りの名 バザガジー・ラゴン》であろう。特に《フェアリー・ギフト》を織り交ぜながら、最速3ターン目でこの呪文と共に殴りこめた場合のアドバンテージ差は特筆すべきものがあり、非常に強力。また、《偽りの名 バザガジー・ラゴン》アンタップキラーも持ち合わせているため、相手のクリーチャーを潰しつつゼニス特有の召喚能力が誘発するため無駄がない。
また、進化アンノウンを疑似スピードアタッカーとして利用するのも手。特に《真実の大神秘 星飯》ソウルシフトコスト軽減が可能であるため、他のアンノウンと比較して格段に軽く、相性が良い。

  • 手札が無ければ無用の長物のため、手札補充はしっかりと行いたい。特に対呪文用のハンデス等には注意。

サイクル

DMR-06アタック・チャンス呪文サイクル。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考