禁断(きんだん)轟速(ごうそく) レッドゾーンX(エックス)

禁断の轟速 レッドゾーンX SR 闇/火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/S級侵略者/イニシャルズ 8000
進化−自分の闇または火のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[轟速]−闇または火のコマンド(自分の闇または火のコマンドが攻撃する時、自分の手札か墓地、またはバトルゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、相手はそれに封印をひとつ付ける。

DMR-20で登場した/進化ソニック・コマンド/S級侵略者/イニシャルズ

《轟く侵略 レッドゾーン》多色となり、《伝説の禁断 ドキンダムX》の能力を得て更なるパワーアップを遂げた姿。

多色となったことで侵略元の対象がコマンドと大幅に広がった。
新たなS級侵略である[轟速]はS級侵略[不死]と[宇宙]を足したような能力で、《S級不死 デッドゾーン》などと同じく墓地からの侵略に加え、《S級宇宙 アダムスキー》のようにバトルゾーン内からの侵略も可能となっている。
更にcip《ジ・エンド・オブ・エックス》と同じく相手クリーチャー1体を封印するという確定除去まで備えている。

今までの侵略者の戦法に合わせて見るなら、S級侵略[轟速]の侵略方法は別々に考えたほうが良いだろう。
まず、コマンドと組み合わせた場合、《S級不死 デッドゾーン》に続き「墓地から侵略除去を放つ」クリーチャーが増える事になる。当然重ね掛けできるチャンスも増える。相手のクリーチャーを一掃しつつ《S級不死 デッドゾーン》T・ブレイカーで攻めるのが良いだろう。
コマンドと組み合わせる場合は、バトルゾーンからの侵略が活きる。味方コマンドW・ブレイカーを与えるようなもので、スピードアタッカーと合わせれば一気にシールドを削りに行く事ができる。ただし、後述の通り侵略するたびに頭数が減っていく点に注意。味方コマンド《機動剛勇ラスト・モモタロウ》になると言っても良いだろう。実際に侵略を使うタイミングはよく考えたい。

S級侵略を使うならばマナの色を気にする必要はなく、今まで登場した除去持ちのレッドゾーンである《轟く侵略 レッドゾーン》《S級不死 デッドゾーン》を主体にしたデッキにも上記のように組み込む事が可能。封印であるため、後者の強みである《光器パーフェクト・マドンナ》除去も難なくこなせる。

だが、上記2枚と比べてパワー・打点が低いという弱点もある。ただしパワーの低さは墓地からのS級侵略によるcipの再利用がしやすくなるので一概には言えない。打点に関しては、リスクはあるもののバトルゾーンからの侵略で補いたい。

相手がコマンドを大量搭載したデッキの場合は返しのターンに封印が外されてしまうので腐ることがあるが、タップしたクリーチャーに封印を付ければ最低でもフリーズと同等の効果になるため、完全に腐ることは少ない。また、【レッドゾーン】を相手にすることを考えると、《超音速 ターボ3》での手札補充を前提にしても、必ずしも都合良く侵略元と侵略先を用意して連打を打てるとは限らないので、コマンドデッキに対しても思ったより除去として機能する。

環境において

革命編環境終期には《革命目 ギョギョウ》の革命2を発動させないようにシールドを3枚残せるこのカードが【レッドゾーン】《超音速 ターボ3》と共に重宝されていた。

革命ファイナル環境では【赤黒レッドゾーン】【黒赤デッドゾーン】で活躍。後者では《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印を外すために素出しも視野に入れられる。一方で、それ以外のタイプの【レッドゾーン】には多色であることや墓地侵略が腐りがちであることがネックとなってあまり採用されなかった。

新章デュエル・マスターズ環境では【白緑メタリカ】システムクリーチャーを狙って処理できることから【レッドゾーン】でまた採用されるようになった。

その他

  • 闇と火の多色のため、新車廃車の中間の「中古車」と呼ばれることも。

関連カード

収録セット

参考