禁断(きんだん)V(ブイ) デカルパ》

禁断V デカルパ P 火文明 (5)
クリーチャー:ソニック・コマンド/イニシャルズ 4000
このクリーチャーが攻撃する時、自分の封印を2つ、墓地に置く。
自分の封印を墓地に置いた時、カードを1枚引いてもよい。

カード名の「ブイ」の表記は、実際のカードでは禁断文字、公式カードリストでは「V」

DMX-23で登場したソニック・コマンド/イニシャルズ

アタックトリガー封印を2つ外し、封印墓地に置くことを条件にドローする能力を持つ。

元となった《禁断U トルーパ》アタックトリガー故のタイムラグのせいで、軽量コマンドを出したほうが手っ取り早いという問題を抱えていたが、こちらは種族ソニック・コマンドになった事で出すだけでも封印を外せるようになり、アタックトリガーで外せる封印の数も2枚になった事で、使い勝手が大きく向上している。

更に封印墓地に置く事でドローを行える能力も追加されており、中盤以降の展開のサポートにも役に立つ。前述の通り自力で封印を1枚外せるので、少なくとも1ドローは確実に行うことが出来る。

総じて封印解除の手段として中々に有用な1体といえるが、コストが5とやや重めなのが難点。この点は《一撃奪取 トップギア》などでカバーしたい。

また、中途半端なサイズで打点も持たないクリーチャーであることには変わりがないので、《禁断〜封印されしX〜》との相性はややイマイチ。
このクリーチャーで殴って封印を減らしても、相手にシールドを残した中途半端な状況で禁断解放してしまう可能性が高く、そうすれば《伝説の禁断 ドキンダムX》特殊敗北条件に引っかかるリスクがある。
あちらに関しては【レッドゾーン】か、《Dの禁断 ドキンダムエリア》のどちらかに特化したほうが大きなリスクが無く使いやすいだろう。

他の禁断クリーチャー《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》とも若干合わないので、やはり使うのならば《禁断の影 〜ドキンダム・ソウル〜》と組み合わせるのが一番だろうか。

  • 前述の通りトルーパが元になったためか見た目はトルーパに似ているが、体格は元よりかなりある。名前の由来はデカいトルーパということだろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考