啓示(けいじ)精霊(せいれい)サンスクリッド》

啓示の精霊サンスクリッド VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6500
H・ソウル
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から、名前に《スパーク》とある呪文を1枚選び、相手に見せてから裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
W・ブレイカー

DM-36で登場したH・ソウル持ちのエンジェル・コマンド
山札からスパーク呪文を1枚選んで、シールドに加えることのできる。

基本的にスパーク呪文は《スーパー・スパーク》《バリアント・スパーク》など、タップS・トリガーの組み合わせが多いため、それらを選べば守備に関しては申し分ないだろう。
逆に《魔弾チェーン・スパーク》《アーク・リンク・スパーク》等のS・トリガーを持たない呪文は選ぶ意味は薄いと言える。
《エメラル》などのシールド操作と同じように仕込んだシールド《冥府の覇者ガジラビュート》などのシールド焼却能力で墓地送りにされないように注意。

  • 主にビートダウン対策という理由で使用される。《爆竜 GENJI・XX》を筆頭としたビートダウンが流行した環境において、《スーパー・スパーク》を持ってくることで確実に相手を1ターン足止めできていたため。ただし完全な解決とはいえず、足止めの返しのターンでなんとか処理できるように準備を整えなければ、ただ死ぬのが遅くなった程度の結果に終わってしまうので過信はできない。
  • このクリーチャーにより、「スパーク」が名称カテゴリーとなった。
  • 元ネタは古代インドで使われていたサンスクリット語からか。宗教的な面ではヒンドゥー教や仏教などの礼拝用語として用いられていた。
    また、DM-36には、H・ソウルを持つクリーチャーを中心に古代インドの名前ネタが多く、ほとんどが呪文関係の効果を持っている。

収録セット

参考