撃墜団長(げきついだんちょう)メッツァー》

撃墜団長メッツァー C 火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド 2000
スピードアタッカー

DM-10で登場したヒューマノイド
準バニラスピードアタッカー軍団の中では最も遅くに登場したカード

コストの関係上、軽い《解体屋ピーカプ》のほうがよく使われていた。
一見するとそこまで悪いスペックではないようにも見えるが、基本的に軽いスピードアタッカーは特攻使い捨てのため、パワーが1000高い意味は薄い。
まさにフレーバーテキストそのままのカードである。

一応パワーが2000になった事で、ウィニーの天敵である《ローズ・キャッスル》に対抗できるという利点もあるが、その対策にこのクリーチャーを選ぶ必要はなく、《襲撃者エグゼドライブ》《鬼切丸》などで十分である。

DM-37《ピッチュ・アイニー》の登場を皮切りに、《早撃人形マグナム》《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》などの上位互換が多数現れ始めた。

そしてドラゴン・サーガにて、完全上位互換《爆轟 マッカラン・ファイン》《爆壁 ヒビキ 18y》が登場。それ以降は《轟速 ザ・レッド》《ドープ “DBL” ボーダー》のようにスピードアタッカーがあっても4000がこのコストの標準となった。このカードの役目はほぼ終わったと言える。

関連カード

下位種上位種

《解体屋ピーカプ》コスト3パワー1000
《撃墜団長メッツァー》コスト4パワー2000
《猛爆軍曹ボンバット》コスト5パワー3000
《ツインキャノン・ワイバーン》コスト7パワー7000

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-01 (月) 19:18:05