激竜王(げきりゅうおう)ガイアール・オウドラゴン》

激竜王ガイアール・オウドラゴン VIC 火文明 (24)
サイキック・スーパー・クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/ハンター 25000
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて破壊する。
ワールド・ブレイカー
リンク解除
覚醒リンク前⇒《ガイアール・カイザー》(上)《ドラゴニック・ピッピー》(中)《ブーストグレンオー》(下)

DMR-01で登場したビクトリーを持つサイキック・スーパーキング・コマンド・ドラゴン/ハンター

《ガイアール・カイザー》《ドラゴニック・ピッピー》《ブーストグレンオー》の3体が揃う事で覚醒リンクする。
覚醒リンクの難易度は高いが、それに見合った非常に強力な能力を持つ。

パワー25000のワールド・ブレイカーという圧倒的な基本スペックもさることながら、注目すべきは自身よりパワーの低い相手のクリーチャー全てを破壊するという、強大な全体除去アタックトリガー
パワーが25000以上のクリーチャーは非常に少ないため、事実上、アタックトリガーで相手のクリーチャーをすべて破壊する事と同義。

攻撃と同時に相手クリーチャーを焼き払いつつ、ほぼ確実にワールド・ブレイカーを通すのは、まさにフィニッシャーとして相応しいだろう。

それに加え、リンク解除によって除去耐性も備えており、S・トリガーや返しのターンでの除去されても最低限の戦力はバトルゾーンに残す事ができる。

しかし、スペックが高い分、やはり覚醒リンクは難しい。自分のターンのはじめにリンクするため、相手に妨害のチャンスを与えてしまうのである。《ガイアール・カイザー》能力《ドラゴニック・ピッピー》《ブーストグレンオー》を出せれば御の字だが、サイキック・セルを出されるかもしれない状況で相手がシールドを殴りに行ってくれることは滅多にないだろう。

他のサイキック・スーパー・クリーチャーと同じく、この面はブラフとしての役割が大きい。《ガイアール・カイザー》がいる状態だと、相手はシールドブレイクをためらうので、除去の手をそちらに向けさせることができる。ただし、普通に火力として使える《ブーストグレンオー》はともかく、単なるハンティング持ちの《ドラゴニック・ピッピー》まで入れると超次元ゾーンがかなり圧迫されるので、自分のデッキとよく相談したい。

本気で覚醒リンクを狙うならば、専属サポートの《超次元ガイアール・ホール》《スーパー・サイチェン・ピッピー》などをうまく活用し、速やかにサイキック・セルを揃えていきたいところである。

  • コロコロコミック35周年を記念した、アルトアート版が存在する。そちらは懸賞などの、ごくわずかな方法でしか入手できないため大変貴重であり、過去にシングルカード市場にて、通常版に比べて20倍以上の価格で取引されたこともある。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-10 (木) 13:33:03