月下卍壊(げっかばんかい) ガ・リュミーズ 卍》

月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍 SR 水文明 (99)
呪文:ドルスザク
ドルスザクを4体まで、自分の手札または墓地からコストを支払わずに召喚してもよい。
このターンの後で、自分のターンをもう一度行う。

DMRP-08で登場したドルスザク呪文

手札墓地からドルスザクを4体も踏み倒すだけでなく、さらには追加ターンを与える効果を持つ。
コスト99という、《伝説の禁断 ドキンダムX》と同等の高コストを誇る。もちろんこれでは《カモン・ビクトリー》《カモン・レジェンド》でデッキの総枚数を増やしでもしない限り唱える事ができないため、主にコスト踏み倒しを活用する必要がある。
オーソドックスなのは専用のコスト踏み倒し効果を持つ《卍 新世壊 卍》を用いる方法。他にも《ラッキー・ダーツ》などでタダで唱えたり、《龍覇 ザ=デッドマン》代替コストを用いる方法がある。

もちろん、そのコストに見合った最大4体もの踏み倒し効果に加え、エクストラターンとなると、その4体は既に召喚酔いが解除されていると考えていいだろう。

特にドルスザクは単体でフィニッシャーとして運用できるものが少なく、《卍 デ・スザーク 卍》をはじめ、無月の門を発動させる際、魔導具を4つも独占してしまうリスクが常々あったことを踏まえると、このカードの存在は非常にありがたい。
特に《凶鬼卍号 メラヴォルガル》を召喚すれば相手のシールドを割りつくした際、たとえS・トリガーを複数枚喰らっても追加ターンで押し切りやすい。自分のブレイクするデメリットも、相手にターンを渡さずにもう一度アクションが取れるため大幅に軽減される。
《卍 ギ・ルーギリン 卍》を踏み倒せば自軍全てがブロックをすり抜けることができ、相手にターンを渡す必要もなくなる。

ここまで語れば《オールデリート》に並ぶ、必殺呪文のように捉えられるだろう。
しかし、ドルスザクの多くはクリーチャー魔導具を頼りにして使われるのに対し、このカードは呪文魔導具を大量に使った上で《卍 新世壊 卍》から唱えるように設計されている。
つまり、このドルスザクとこの呪文の併用には何方とも使いたいカードタイプが違うので戦術が噛み合いにくいという欠点が存在するのである。
いっそのこと魔導具はすべて呪文にするといった使い方もよいが、そうするとこの呪文唱えるまで、それらのドルスザクはお荷物になりがちになるのを留意。
状況によってドルスザクを呼び出しつつ、この呪文唱えるのを目指すデッキを作るのであるならば、デッキスペースとよく相談して構築したい。

  • イラストを担当したFutaro氏によると、最初はガリュミーズが口を閉じていたが「口が開いていた方が良い」というアートディレクターのアドバイスを受け今のイラストになったという。口を閉じたイラストは氏のTwitterアカウントにてあがっている。参考

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-13 (日) 10:50:25