遣宮使(けんぐうし) ネオンクス/ネオ・ブレイン》

遣宮使 ネオンクス VR 水文明 (8)
クリーチャー:ムートピア/サイバー・コマンド 9000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいは名前に《ブレイン》とある呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。それが呪文なら、コストを支払わずに唱えてもよい。
ネオ・ブレイン VR 水文明 (4)
呪文
S・トリガー
カードを2枚引く。

DMRP-06で登場したムートピア/サイバー・コマンドツインパクト

クリーチャー面はcipまたはブレインとある呪文を唱えた時、呪文コスト踏み倒しする能力を持ち、呪文面は《ネオ・ブレイン》ツインパクト

クリーチャー面の能力は、cipブレイン呪文に擬似的に墓地肥やし+呪文踏み倒しを与える能力とも言える。
唱える呪文コスト文明を問わないため、インビンシブル呪文系や《オールデリート》などの重量級呪文でも引き当てられれば唱えることができる。
ある程度の山札操作と組み合わせたいところ。

豪快な能力の分8コストと重いが、ムートピア/サイバー・コマンドなので豊富なサポートを受けられるだろう。

呪文面はまさかの《ネオ・ブレイン》そのもの。
ドローだけなのでS・トリガーで唱えるには少々心許ないが、当然もう一枚のこのカードが《ネオンクス》としてバトルゾーンに出ていれば能力をトリガーさせることができるので相手の不意を突くことが可能。

相性のいいカード

  • 《ネオ・ブレイン》が採用されたのは初代である《サイバー・ブレイン》プレミアム殿堂に入っているため、S・トリガー付きの直系であるこちらに白羽の矢が立ったのだろう。
    • 《ネオ・ブレイン》自体、殿堂入りした《サイバー・ブレイン》の調整版として登場したややマイナーなカードであるため、かつてのメジャーな呪文が並ぶツインパクトサイクルの中では意外な採用かもしれない。
  • 名称にブレインが採用されたということは、手札補充を得意とする文明ということだろう。それはそれで、名誉かもしれない。

サイクル

DMRP-06で登場した既存の呪文を組み込んだツインパクトサイクル

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考