幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ)(はは)なる星域(せいいき)

幻緑の双月 P 自然文明 (2)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚、マナゾーンに置いてもよい。
母なる星域 P 自然文明 (3)
呪文
自分の進化ではないクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

DMEX-04で登場した自然ビーストフォークツインパクト
《幻緑の双月》《母なる星域》そのものが融合してツインパクト化したカードであり、両方とも元となったカードと効果は変わりない。

実際の運用としては、《幻緑の双月》《母なる星域》入ったデッキにそれらと差し替える形で使われることになるだろう。
《母なる星域》としての需要が高めであるが、《幻緑の双月》も十二分に有用性があるカードである。シナジーを差し置いても、両面とも単体で優秀であり、またその両者の運用面でのシナジーも強く、非常に優秀なツインパクトとなっている。

端的に見て、マナブーストと盤面のクリーチャーを要する《母なる星域》が、マナブーストと盤面の展開を同時にできる《幻緑の双月》として運用出来ると考えれば、優秀な組み合わせであることがわかる。
序盤のマナブーストが、後半マナゾーンからのフィニッシャー展開に使えるという点でも、この組み合わせは合理的である。

《幻緑の双月》としては、種族ビーストフォーク進化クリーチャーが豊富であるため恩恵はそれなりに受けられることだろう。《大勇者「ふたつ牙」》《超電磁コスモ・セブ Λ》など、歴史から見ても《幻緑の双月》進化元として採用されるケースは多く、それだけ《母なる星域》とのシナジーが期待できる。現状でも【ビーストフォーク】では高い運用性を発揮できることだろう。
【ビーストフォーク】からしてみれば、《幻緑の双月》を8投出来るようになったのも大きな変化。《大勇者「ふたつ牙」》《スーパー大番長「四つ牙」》にアクセスできるマナブーストが増えたのは非常にありがたい。

《母なる星域》としては、クリーチャー化の恩恵がすさまじく大きい。
《母なる星域》進化クリーチャーが対象であるため、他の大地系よりも盤面を多く必要とするにもかかわらず、《母なる星域》進化クリーチャーがデッキスロットを圧迫するという、性質の矛盾を抱えている。それがツインパクト化したことで、その矛盾を解消してしまっている。

具体的に言えば、自分の盤面にクリーチャーがおらず《母なる星域》が腐ってしまっていても、ひとまず種として場に展開して置けるようになった。今までは《母なる星域》手札でダブつくと深刻な手札事故を引き越していたが、これからは片方を種として運用することが出来る。
これだけで格段に腐りづらくなっただけでなく、ここでクリーチャー面が低コストウィニーである点が光る。さらにいえば《幻緑の双月》進化クリーチャーマナゾーンに置きながらの《母なる星域》が可能であり、無駄のないムーブが可能である。
また序盤のマナブーストという点で対【速攻】性能も取得している。序盤の《母なる星域》など手札のお荷物同然であったことを考えれば、革命的な変化であるといえる。
グッドスタッフ性が大幅に向上したことで、コントロールコンボデッキ以外での採用も随分楽になった。これからはビートダウンでも見かける機会が出てくるかもしれない。

《母なる星域》は強力なカードではあるが、用途がピンポイントであり非常に腐りやすい。それを強力な能力は据え置きで、汎用性、運用性、腐りやすさをいづれも克服している。極めて完成度の高い組み合わせであることがよくわかるだろう。

他のクリーチャー化の恩恵としては、クリーチャーサーチの対象になることとサルベージが容易になったことか。サルベージに関しては【デーモン・コマンド】【ターボドルバロム】での恩恵が期待できる。

総じて、両面とも単体で有用なことに加え、面同士のシナジーや相性補完にも優れた優秀なツインパクトである。
《母なる星域》としては劇的な進化を遂げており、とても使いやすくなっている。採用率は呼び出し先の進化クリーチャーによる部分が大きいとはいえど、使われる機会は増えることだろう。

これは他のリメイク型ツインパクトにもいえることだが、片面目的で使うにしても選択肢が増える分、元のカードより、よりプレイヤーの腕が発揮されるようになったといえる。実際の運用ではうまく扱ってやりたいところ。

関連カード

収録セット

参考