古代楽園(こだいらくえん)モアイランド》

古代楽園モアイランド SR 自然文明 (10)
クリーチャー:グランセクト/スペシャルズ 18000
Q・ブレイカー
相手は呪文を唱えたりフィールドを展開できない。
このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを3つまで選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DMRP-02で登場したグランセクト/スペシャルズ
呪文唱える事とフィールド展開することを封じる常在型能力バトルに勝った時に相手のシールドを3つマナ送りにするシールド焼却能力を持つ。

ロックシールド焼却自然カードが持っている能力としては珍しく、かつどちらも強力。
どちらの能力S・トリガーに対して強く、防御をシールドに任せているデッキには大きく刺さることになる。

コスト踏み倒し退化などで早期に登場することができれば、相手クリーチャーを蹂躙しつつ反撃の芽を摘むことが可能。

マナが貯まり次第、《蒼龍の大地》で投げつけると強い。自分ターン中に踏み倒すと、コスト踏み倒しメタなどがあっても除去される前に《蒼龍の大地》による強制バトルを行うことができる。
たとえコスト踏み倒しメタ除去されても3枚の疑似シールド焼却を行うので、バトルゾーンに残らなくてもその時点で一仕事を果たしたとえいる。この場合は他にもシールド焼却ブロッカーの影響を受けないというメリットがある。
この場合は同じくシールド焼却能力を持つ《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》の「ブロッカーに止められると弱い」という弱点を克服しており、さらにバトルゾーンに残れば《偽りの王 ナンバーナイン》を上回るロック性能と18000もの高パワーによる除去耐性が残るという、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》にはないメリットがある。

「超CS in 熊本」でベスト16に入賞したコントロールデッキは「大王VANモアイ」であり、やはりというかロック性能の高さは大型大会でも発揮されている。

シールド焼却能力は「3つまで」なので相手マナブーストに加担したくない時は1枚も選ばないという選択も取れる。

  • 地味に名前に「アイラ」と含まれているため、「アイラ」が名称カテゴリ化したらこのカードも影響を受ける。ただドラゴン・サーガのストーリーはすでに終止符が打たれており、さらに「アイラ」系列のカードは低コストのものが多くそこそこ召喚しやすいため、今後「アイラ」を参照してコスト踏み倒しする手段が登場することはないと考えるのが妥当である。
  • 通常版のフレーバーテキスト前半部分は、応募ハガキに記された設定より。このほか、身長約60m、武器を嫌い、正体が胴の中に…といった設定も。
    一方シークレット版のフレーバーはフジテレビのドラマ「世にも奇妙な物語」のストーリーテラーであるタモリの台詞のオマージュである。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!」22話ではこのクリーチャーに酷似した外壁の洞窟が登場。内部にある金塊を求めて切札 ジョーボルツは冒険の旅へ向かう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-02(通常版)
    指から発されるビームが次々と新しい村を作り出す。自然文明では開拓のために使われているこの石像が本当は何の目的で作られたかは誰も知らない。
  • DMRP-02シークレット版
    次にモアイランドを産みだすのは、あなたかもしれない。

収録セット

参考

FAQ

Q:自分の場にモアイランド、相手の場にサッヴァーク†がいて相手のシールドゾーンには裏向きのシールド3枚、表向きのカードがそれぞれに1枚ずつ計3枚乗っている状況でモアイランドでプレイヤーに攻撃してサッヴァーク†にブロックされました。この時モアイランドが勝った効果で裏向きのシールド3枚とそれらに乗っている表向きのカード3枚をマナゾーンに送りました。その後、サッヴァーク†はバトルに負けた事により破壊されますか?
A:破壊されません


Last-modified: 2018-11-20 (火) 21:01:10